昨年12月から、鼻の様子がおかしい息子。
どうも夜中に鼻が詰まるみたいで、
苦しそうに夜中に目を覚ましたり、
咳き込んだりする日もあって。

でも予防接種の為に小児科を受診すると
喉はキレイだから風邪ではない…と。

大人でも冬場は寒くて風邪でなくとも
鼻水が出ることありますよね。
大人はすぐに鼻をかめるけど、
子供はかめずに鼻の奥に鼻水が残り…
それが夜寝る時に喉に落ちてきて、
咳き込む原因になるそうです。

ブログ村テーマ
子供の病気、ケガ


それが昨日、久々にひどい咳き込みで
寝付いては咳き込んで目を覚まし、
息子も「おくち(喉)痛い〜」と。
もしかしたら今回はホントに風邪なのかも。

これは眠れそうにないなぁ…
さて、どうしよう。

そして思い出したんです!!
殺菌作用があり、うがい薬にもなる
万能の液体があるではないか、と。

それは、母乳です。

母乳を鼻の穴から注入すると、
炎症を起こした粘膜の炎症を抑え、
鼻の通りをよくする作用があるんです。

鼻から液体を入れるなんて痛そうと
思いますが、母乳の浸透圧と鼻の粘膜は
同じくらいなので痛みを感じないんです。

絶対ウソだーーーと思って私も
やってみたことがありますが、
確かに痛くありません。
もちろん違和感はありますが(笑)

早速 搾乳したのはいいものの、
スポイトがないことに気付き…
義母が持っていたのを頂きました。
あぁ、同居って助かる。

スポイトは常備しとかなきゃですね。
これは滅菌してあるので、更に安心!


嫌がる息子をごまかしつつ…
泣かせてしまいましたが
なんとか点鼻 完了。
そして普通に就寝。

すると、
咳き込まず朝まで寝ました。

母乳パワー 恐るべし。
人間ってすごいな。

もっと自分でうまく鼻をかめたら
奥に詰まることはないのですが、
なかなか難しいですよね。

息子の場合、鼻水吸い取り器なんかは
見ただけで泣き叫ぶので無理(笑)
この世の終わりのように泣きます(笑)

そんな息子ですが…
今朝ある教え方をすると、
うまくかめるようになったんです!

その教え方は…

口を閉じて、お鼻で
ロウソクを消してごらん。


息子の場合、いくら私がやって見せても
「吸うんじゃなくて吐くんだよ」と
言っても、吸ってばかり(^^;)

せっかく出てきそうになっても
吸ってしまってどんどん中に入ってく…

だから
吐く = ロウソクふぅー
↑これを教えなきゃ、
いくら吐くとか吸うとか言葉で
言っても分からないですよね。

まだ失敗することもありますが(笑)
大量に鼻水が出ると私も嬉しい♪

このまま酷くならずに
治りますように。

*こなつ*

参考にしているブログ村テーマ

持たない暮らし
ミニマリストな生活 & シンプルライフ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
◇家計簿*お金事情*◇

人気ブログランキング

子育てブログ
ミニマリストブログ