このブログにも何度も書いていますが
私の周りは富裕層が多いのか、
それとも今はそんな時代なのか…
1人で4つ以上の習い事をしている
子なんてザラにいます。

うちは富裕層ではないし、
送り迎えも大変なので(^^;)
あくまで子供がやりたいと言った
習い事のみやらせようと思っています。

でもきっと、お友達が習っていると
“僕もやりたい”って言い出しますよね…

なので、教育資金1,000万とすると
1人あたりどれくらい習い事をさせて
あげられるのか、
計算してみました。


まず、絶対に必要な学費は

=私立幼稚園=
月3万、3年間で108万。
入学金や制服教材費を含めて約120万。

=公立小学校=
月0.8万、6年間で約60万。
(修学旅行費、教材費、給食費など)

=公立中学校=
月1.4万、3年間で約50万。
(修学旅行費、教材費、給食費など)

=公立高校=
月2万、3年間で約70万。
(授業料、修学旅行費、教材費など)

合計 約300万円。


大学資金として500万円。


1,000−300 −500=200

残りの200万を習い事にあてるとすると

=幼稚園=
月0.6万まで。

=小学校=
月1万まで。

=中学校=
塾も含めて月2万まで。
運動系は部活動で月0.5万と想定。

=高校=
部活動で月0.5万と想定。


かなりアバウトな計算ですが…
こんな感じの予算になりました。

幼稚園の間はあまり無理せずに、
やるとしても1つしかしないので
月0.6万でじゅうぶんかな。

小学生で月1万って少なすぎるかな…
月謝の高い習い事を1つするもよし
月謝の安い習い事を2つするもよし
それは本人に任せよう。

こうやって計算してみると、
「教育資金1,000万」って
最低限必要な金額なんだな…

って実感しました。

これが4つも5つも習い事をして、
私立に行くことになって、
小学校から塾に通わせたりしたら…
もっともっと掛かるってこと。

今どんな予算を立てたって、
未来は分かりませんけど(^^;)

とりあえずうちは4つ以上も
習い事はさせてあげられないという
ことだけは明確になりました(笑)

お金、貯めなきゃ。

興味深い記事ばかり!(ブログ村テーマ)

まずは、種まき~子供の習い事~

子どもの英語教育

子供を賢くする方法

◇家計簿*お金事情*◇

お金を貯める方法

人気ブログランキング

ミニマリスト ブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ←応援クリックありがとうございます。
スポンサードリンク