幼い頃からの思い込み。


物心ついた頃から、私にとって“家”とは
「ソファに座ってテレビを見る」
「ダイニングテーブルで食事をする」
そういうものだと思っていました。

祖父母の家に行っても
友達の家に行っても
どこも皆そうだったから。

それが当たり前と思っていたんですよね。

ブログ村テーマ
マイホーム、我が家



当たり前に囚われた過去。


まだ断捨離やミニマリストという
言葉に出会う前の話ですが…
少しの間だけ姉と2人暮らししていた
時期がありました。

ベッド、ドレッサー、テーブル、ソファー
その他もたくさんの家具を、
当たり前のように買い揃えました。


それも「どんな家具にしよう♪」って
楽しい気分になるならまだしも、
忙しすぎて時間がなく適当に選ぶという。
店員さんを呼んで、1分も悩まずに
「これと、これと、これで。」って(笑)
店員さんもビックリしてたなぁ(^^;)

その頃は私も姉も“仕事仕事!”だったので
ゆっくり選んだり調べたりする余裕が
全くなかったんですよね。

物も多いし引っ越しだけでも大変なのに…
夜、寝に帰るだけの家の為に
わざわざ全部を揃えたんです。

それが“当たり前”と思っていたから。

※関連記事…【断捨離】捨てられない人は〇〇のことを考えるといい。


固定観念が無ければ。


結局その家はたった2年で引っ越し、
家具は全て手放すことに。

もし、固定観念が無ければ、
買い揃えることは無かったでしょう。

布団と簡易テーブルさえあれば
じゅうぶん生活は出来たはず。
多くの物は「無くても大丈夫」なんです。

CEC8E54C-9E73-4939-9C6A-FFE25574D348
↑こんなに何もなくても、大丈夫(笑)


家は自由なんだ!


みんな無意識に“これは必要”という
固定観念を持っているはず。

まずはその固定観念を捨ててみる。

無くても大丈夫…それどころか
無い方が快適かもしれません。

「こうしなきゃ」という決まり
なんてないんです。
自分が過ごしやすいように、
自由にすればいいんですよね。

ちゃぶ台ひとつあれば、生活は出来る。

固定観念を手放して、
身軽に生きてみませんか?


ご興味があればこちらもどうぞ。(ブログ村テーマ)

断捨離♪

捨てる、手放す、ミニマルに生きよう♪

少ないモノで暮らす

もっと心地いい暮らしがしたい!

シンプル・ミニマルライフ

人気ブログランキング

ミニマリスト ブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ←応援クリックありがとうございます

LINEで更新通知を受け取れます。



Twitter始めました。