諦めなくていい。


小さい子どもがいると、
大人だけの生活とは違って
片付けても片付けてもキリがないですよね。

同じく小さい子どもを持つママさんの中には
「どうせ散らかるから」と諦めている方も
多いのではないかなと思います。

おもちゃや色々なもので足の踏み場がなく
それでも「仕方がない」と、子どもが
寝静まってから1人で黙々と片付けたり…
それってすごくツライですよね。

理解のない旦那さんに「片付けろよー」
なんて軽く言われた日には…ね。

そんなママさんの気持ちを軽くすべく
私が実践していることを書こうと思います。


大人のものは置かない。


リビングには、大人のものは置きません。
雑誌も飾り物も掃除道具も、何もです。

理由はただ1つ。子どもが触るから。
触りたくなるものは何も置かないのが1番。
ぐちゃぐちゃにされたり、壊されたりする
心配がないのでイライラポイントを減らせます。

我が家は夫がリビングに自分のものを
放置しがちなのですが(服や本など)
即座に夫の部屋に返しに行きます(笑)
1日でも放置すると、それがどんどん
広がっていくのが目に見えているので。


おもちゃも決まった量だけ。


リビングの一部におもちゃの棚を用意して、
その中身も頻繁に見直して処分しています。

旬でないおもちゃは別室のクローゼットに。
飽きた頃に入れ替えると新鮮なのか
また喜んで遊んでくれるのでオススメ
です(笑)

クローゼットのおもちゃが溢れそうになったら
使わないものからどんどん処分していきます。

そして…
どれだけ気に入っているものでも、
パズルやLEGOの細かいブロックなど
明らかに片付けが大変なおもちゃ類は、
その都度クローゼットへ片付けます。

本当に遊びたい時だけ、出します。

これ、結構重要です(笑)
バラバラになった細かいものを片付ける
ことって本当にストレスなので…

リビングにあると絶対毎回ひっくり返すし
その都度「片付けなさーい!」って
叱るのも結構体力使いますよね(^^;)
(最終的に絶対“ママ手伝って!”って言うし)


おわりに。


このブログでも何度も書いていますが、
持っている全てのおもちゃを出しておく
必要はない
と思うんです。

子どもが自分で片付けられる量だけ。
なんならママさん自身が片付けを
手伝ってあげられると思える量だけ

いいんじゃないかなと思います。

うちは今、上の子が4歳ですが
もう少し大きくなると今のようには
いかなくなるかもしれないし、子どもが
小さい時こそ、できることかなと思います。

できるだけママのストレスが少なくなるように
片付けに取られる時間を最小限に!!

子どもがいるからと諦めずに、スッキリした
部屋で気持ちよく過ごしましょう♪



*こなつ*