*こなつ日和*

自称ミニマリスト。3歳と0歳の子育て真っ最中でも、断捨離で物を減らしてスッキリ・シンプルに暮らしています。

2017年05月


先日の記事で、ベビーカーなしで
実家へ行くようになったことを
書いたのですが、最近になって急に
走り出して追いつけなかったり、
私もお腹が出てきて走れなくなって
来たので、またベビーカーで行くよ
うになりました。まだどうするか迷走中です。

そこでバスに乗る時、段差のあるバス
や混み合っている時はベビーカーから
一度おろして手を引いて乗るのですが
昨日、ベビーカーからおろして息子を
足の間に挟み、ベビーカーをたたむ
一瞬の隙にスルッと逃げられ、
手を出しても間に合わず、
危うく道路に飛び出す所でした。
死に物狂いで走って止めましたが…
ヒヤッとする出来事は1度や2度ではありません。

とっさに大声を出してしまうし、
息子に「急に走って飛び出すと車と
ぶつかって死んじゃうんだよ!!」と
叱りつけてしまうので、もう注目の的。
その場で言わなきゃ効果がないので。

私の被害妄想かもしれませんが
〝躾がなってないなぁ〜〟
〝そんなに怒鳴らなくても…〟
という非難の視線を感じて辛いです。
外出恐怖症になりそうです。

先日もまた家族の集まりがあり、
嫁たちでご飯の用意してる間に
義両親が孫を散歩へ連れてってくれた
のですが、今日みたいな状況になった
らしく…義母に「この子はもう散歩には
連れて行けないわ…怖かった」と言われ
てしまいました。

主人に相談した所、子供用ハーネスを
購入してはどうか?と。
犬みたいだ、という批判はあります。
賛否両論ということも分かってます。
でも、息子の命にはかえられない。
親が子供の命を守らなければ。
批判を恐れて、後悔するようなことが
あってからでは遅い…



レビューを見て、そのように走り出す
お子さんの為に購入された方もいて、
同じような人がいるんだと思い…
お値段も高いものではないので、
購入に踏み切りました。

もちろん今まで通り足の間に挟んだり
手をしっかり繋ぐことはやめません。
あくまで、万が一の為です。

そしてこれからもしっかり危険なこと
は教えていきます。息子は無事でも、
周りに迷惑を掛けてしまうことが
あってはいけないので。

また届いたら使ってみた感想など
記事にしたいと思います。


*こなつ*

ランキングに参加しています。
応援クリックして頂けると励みになります♪

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目妊娠・出産へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ




最近なぜかバタバタしていて
更新できていませんでした。

更新したいことはたくさんあるのに(笑)

さて、楽天お買い物マラソン★
皆さん走ってますかー?(^^)

私は今日これをポチしました!



また服かよ(笑)
というツッコミが聞こえてきそう…
いやホントお金なくてヤバイですw

オフホワイトが再入荷したので
すかさずポチっと。

骨格診断のウェーブタイプには
持ってこいの胸元にボリュームが
あるシフォンブラウスです!!

お値段も安いので、長年使えるもの
かどうかは分かりませんが…
何年も大切に着られたらいいな。

また届いたらレポしますね!!


あとは、必需品のパンスト。




こんなのも買いました(笑)



私が買ったのはブラックです。
これもまたいつかレポします!!

取り急ぎ、ポチ報告でした。



*こなつ*

ランキングに参加しています。
応援クリックして頂けると励みになります♪

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目妊娠・出産へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


今日の幼児教室のことを
記録しておこうと思います。

元気にハイッ!っとお返事できました。
それだけで私はめちゃくちゃ嬉しい(涙)

手遊びしたり、カードを見たり、
私が後ろから捕まえていなくても
自分でちゃんと座って真剣に見ている。
ほんと、成長したと思います。

パズルのようなものをしたり、
音を聞いて当てる遊びや
球をコロコロ転がす遊びなど…

ひとつひとつ、
集中してできるようになりました。

今までは何を出されてもすぐに
飽きてしまったり、他の子の
していることが気になったりして
落ち着きがなかったのですが、
今日は少し息子が違って見えました。

体育ローテーションでは、
ついに前転が自力でできるように!
体を動かすことが大好きなようです。

授業が終わり、親が先生のお話を
聞いている間に避難訓練が始まって
しまい、サイレンが鳴り響きました。

周りの子たちは動じず普通に遊んでる中
息子は必死の形相で走って来て、
怖い怖いと言いながら泣いていました。

サイレンの意味は分かってないと思う
のですが、大きな音が怖い様子。
先生には「ちゃんと音に反応できてる
から良いことですよ」と言われました。
確かにいざと言う時には危機感があって
良いのかもしれませんね。

今日は息子が変なタイミングで笑ったり
食べ物の話の場面で「やったー!」と
叫んだり(食べられると思ったみたいw)
周りの笑いを取っていました…
このまま お笑い担当になるのかな…w
こんな息子ですが、周りの方は広い心で
笑ってくださり有難い限りです。

少しずつですが成長していて、
集中力も出てきている。
やっぱりこの教室に入って良かった。
これから1年間どんな成長が見られる
か本当に楽しみで仕方ないです★


今日は2人のママさんに「性別どっちか
分かった〜?」と聞かれました(^o^)
ナイスなタイミング(笑)
ママ同士でも話せるようになって
私も楽しくなってきました。

昨日まで全く意識したことなかったの
ですが、今日はやたらと女の子の服に
目がいってしまい(笑)やっぱり男の子
とは違ってデザインも色々種類があって
可愛いですよね〜。上の子の反動で
フリフリとか沢山買ってしまいそう…w

女の子だと、また息子とは全然
違った性格だったり、違った成長を
見せてくれるんでしょうね。
気が早いですが、兄と妹の掛け合いも
とっても楽しみです( ´ ▽ ` )

明日は実家のみんなでショッピング
センターへ買い物しに行く予定です。
女の子の服、見ちゃいそう(笑)



*こなつ*

ランキングに参加しています。
応援クリックして頂けると励みになります♪

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目妊娠・出産へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

今朝、健診に行ってきました。
息子は義親が預かってくれて、
待合室で1人でゆっくりできました(笑)

今日は何故か早々と予約が締め切られ
ていて、混まずにスムーズに順番が
回ってきました。

そして、今日。
ついに性別が確定しました!!

「性別見てみようね〜」とエコーを
動かし、足の部分をジックリと…

私にはチンプンカンプンだったのですが
先生が「分かりましたよ〜!」と。

なんと、なんと、なんと!!!←














*女の子* でした。

いや、もうね…

びっくり∑(゚Д゚)

思わず「えぇ!?本当ですか!?」
って声を荒げてしまったほど(笑)

一応男の子希望だったし、
間違いなく男の子だろうな〜と
心の中では確信していて(笑)

ホント、まさかの展開です。
アワアワして戸惑いを隠せなくて、
「え、女の子じゃマズイの!?」
って先生に心配されました(^_^;)

まだ本当にお腹の中に女の子が
いるのか、信じられなくて
ふわふわした気持ちですが…

何より順調に育ってくれていて
とっても嬉しかったです( ´∀`)

私は胎盤が背中側にあって、
赤ちゃんがお腹の表面のすぐ裏側に
いるから胎動がわかりやすいのだそう。

たまに足を伸ばしているのか、一部分
だけポコッと出てる時もあります(笑)

また次は4週間後。
順調だし元気なので、たくさん動いて
安産目指そうと思います!!



*こなつ*

ランキングに参加しています。
応援クリックして頂けると励みになります♪

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目妊娠・出産へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


つわりの気持ち悪さも一切なくなり
めっきり体調が良いこなつです。

多分、今が1番元気ですよね…
もっとお腹が大きくなって
もっと暑くなってくれば
何をするのも大変になる…(;´Д`A

赤ちゃんの準備まだ早いけど
始めていこうかなぁ…
でも準備って何をすればいいんだっけ?w

そんな今日のお腹の大きさ。

IMG_9129

需要のない写真をすみません。笑

腹帯も何もしていない状態のお腹です。
だいぶポッコリしてきたな…

割と出やすい体質なのかな?
5ヶ月だとまだ分からない
レベルの人も多いですよねぇ。

1人目の時にお腹の写真とか一切
撮らなかったので比べられないけど
やっぱり今回の方が出てくるのが
少し早い気がします。

横になると動いてるのが分かって
愛おしいですね( ´ ▽ ` )

明日は健診です。
家に体重計がないので、
増えすぎてないかヒヤヒヤしますw

晩御飯は少し控えめにしよう(^^;)




*こなつ*

ランキングに参加しています。
応援クリックして頂けると励みになります♪

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目妊娠・出産へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



↑このページのトップヘ