*こなつ日和*

子育て真っ最中でもシンプルに快適に暮らすミニマリスト主婦のブログです。

2019/05

習い事について。


息子が今困っていること。
それは主にこの4つかなと思っています。

・周りよりワンテンポ遅い。
・広い場所だと気が散りやすい。
・やる気がないように見える。
・お友達と仲良くできない。


今日は先に習い事についてを
書いてみようと思います。

※ご興味のない方 申し訳ございません。


関連記事




習い事①サッカー


息子は2つ習い事をしています。
1つめはサッカー。

サッカーの日は息子も楽しみにしていて
いつも「早く行きたい」と言うのですが…

私が練習風景を見る限り、
ただなんとなく蹴っているだけというか…
先生が「5回ゴールを決めたら戻る」など
指示を出しているのに息子は全く無視。
笛が鳴るまでマイペースに蹴り続けていました。

他の子はゴールが決まらなかったら
悔しそうにしたり 5回クリアしたら喜んだり
ちゃんとサッカーを頑張っているのに、
息子はぼんやり自分の世界に入っている感じ。

全力で一生懸命やっているようには見えなくて
やる気がないようにさえ見えるんですよね。
サッカーなのに手でボールを触るし、
ルールも理解できていない様子。

待ち時間には、ボールに砂をかけてみたり、
白線を引く用のライン引きを触ってみたり、
他のことに興味が移ってしまっていました。

今はまだ各個人で練習という感じですが、
もう少ししたら試合も始まると思います。
その時にきっと迷惑をかけることになります。

残念ながら人数がとても多いので先生と
個人的なお話をする機会が少ないのですが
帰り際に「いつも団体行動ができずに
ご迷惑をお掛けして申し訳ございません」
と一言だけご挨拶したところ、
「そんなことないですよ〜。
頑張ってくれていますよ。」
と笑顔で返事をしてくださったのですが、
明らかに私に気遣った挨拶という感じで、
先生も色々感じているんだろうなと思いました。


習い事②お勉強系


もう1つの習い事は、少人数で机を囲んで
レッスンするスタイルのお勉強系の教室です。
こちらの先生に相談した時には、
「お友達とのトラブルもなく 1時間きちんと
座って頑張って取り組んでくれています。」
とのお返事をいただき、
周りについて行けていないということもなく
気になる点は何も思い当たらないと言われました。

サッカーと違い少人数で距離も近いので
先生の話が耳に入りやすく、集中が
途切れにくいのかな?と思いました。


発達相談でのこと。


上記のことを踏まえて、習い事について
心理士さんに色々とお話を伺ってみました。

お勉強系の教室は問題ないとして…
サッカーは、本人が楽しんでいるなら
今後も続けてもいいとは思うけれど、
やっぱりチーム制の競技なので
怒られたり 嫌な顔をされることは
この先出てくるだろうとのこと。

気が散ってしまうことや、
自分の世界に入ってしまうことは
やろうと思ってしている訳ではなく
体が勝手にしてしまうようなものなので
何故怒られるのか分からない場合も多い。

だから、試合で足を引っ張ってしまったり
怒られるようなことが増えると自信をなくして
しまったり二次障害が起こる可能性がある
ので
その時は水泳などの個人競技に変えても
いいかもしれませんと言われました。

今は楽しんで通ってくれているので
もう少し様子を見ようと思いますが…
先生や周りの子に迷惑を掛けるのも嫌なので
試合が始まりそのような傾向が見られたら
辞めることも検討したいと思います。


個人競技を視野に。


今回も長くなってしまったので、
習い事のことのみ書きました。

息子は体力はあるのですが、
運動音痴というか、苦手です(-_-;)
男の子だし、何でもいいからスポーツを
1つはやらせたいと思っていました。

協調性を養う為にもサッカーはどうかなと
思いスタートしたのですが、今回お話を
聞いて二次障害が怖いなと思いました。

今後は水泳や武道など個人競技の習い事も
視野に入れてみようと思います。
たまに夫がゴルフを教えているのですが、
ゴルフも興味を持てばやらせたいです。

次回は、息子のこれからのことを
まとめてみようと思います。

長々とお読みいただきありがとうございました。


*こなつ*

1ヶ月後の変化。


娘と同様に、
「子供の発達には食事が関係している
かもしれない」と情報をいただいてから、
鉄分・たんぱく質を多く摂取させるべく
色々工夫してきました。


メッセージで「栄養はあくまで補助であり
早めに関係機関に相談するべき」との
ごもっともなご意見もいただき、
ハッと目が覚め、担任の先生や保健センター
への相談など、動き出すことができました。

とても長くなってしまいそうなので、
先生や保健センターのことは追って
書いていくとして…

今回は、現在の息子の様子を
自分の記録として書こうと思います。

※ご興味のない方 申し訳ございません。


関連記事




息子の変化。


・曜日が分かってきた。

◯曜日は何の日だっけ?と私が言うと
「あ、サッカーの日だ!これ入れなきゃ!」
と事前に用意するようになりました。

「じゃあ明日は◯◯の日だね!」など
予定を把握できるようになってきました。

・着替えがスムーズになった。

着替えも最近は嫌がるどころか
自ら進んでやり、脱いだ服も綺麗に
畳んで洗濯カゴへ入れてくれるように。

それに加えて娘の着替えも手伝って
くれるようになり…もう母は大感激です。

・集中力がでてきた?

夫との約束「毎日自分で絵本を一冊読む」
というのをしっかり実行しています。

(「◯◯は、」の読み方が「わ」になるのと
普通に「は」と読む所の違いが難しいみたい)
妹に邪魔されても集中して最後まで読む
ことができているので少し成長しました。

・1番への執着がなくなった?

あと、1番へのこだわりが強いと思っていた
のですが…先日お友達との様子を見ていて、
お友達が「僕1番〜!」「僕2番〜!」と
言ったので、“あーーこれまた癇癪起こすわ。
止めに入らなきゃ。”と思った瞬間、
「僕3番〜!」と笑顔で言ったんです。
びっくりしました。妹に負けるのが
悔しいだけだったのかな…(;´Д`A

▼まだ完全にしなくなったのかは微妙ですが
この1ヶ月でまだしていないこと。

・忘れ物がなくなった。

・食事中にふいに席を立つことがなくなった。

・靴を反対に履くのがなくなった。

・知らない人に話しかけなくなった。



引き続き心配なこと。


今の息子が困っていること、
できないことは何だろうと考えると、

・周りよりワンテンポ遅い。
・広い場所だと気が散りやすい。
・やる気がないように見える。
・お友達と仲良くできない。


この辺については
次回記録したいと思いますm(._.)m


*こなつ*

1ヶ月後の変化。


1歳半健診から1ヶ月が経過しました。

その時には指さしもできず、
言葉(名詞)も1つしか出ていなかった娘。

「子供の発達には食事が関係している
かもしれない」と情報をいただいてから、
娘にも 鉄分・たんぱく質を多く摂取
させるべく、色々工夫してきました。


それに加えて絵本を読む回数を増やしたり
できるだけ「◯◯だね〜」と話しかける
回数も増やすように気を付けてきました。

そんな1ヶ月後の、娘の現在の様子を
記録として書いてみようと思います。

※ご興味のない方 申し訳ございません。


関連記事




肉食女子になった。


まず、食事内容を見直してから
かなりの肉食女子になりました(笑)

本当にお肉が大好きになったようで、
私の分まで取ろうとするほど(^^;)

魚は苦手ですが、鶏・豚・牛は何でもOK。
娘の分は味付け前に取り分けています。
まだ奥歯が生えていないのに歯茎で
むにゃむにゃ噛んで食べています。

ちなみに、週1回のレバーも大好きになり
モリモリ食べてくれます(笑)

米も野菜も、そしてミルクも…バランス良く
摂取できているんじゃないかなと思います。


成長したこと。


そして、肝心の発達面ですが…
少し成長が見られたので、記録します。

◆喉が乾いたら「チャ」とマグを指さす。

最近暑くて喉が乾くようになったので
自分から言うようになったんだと思います。

◆いないいないばぁのわんわんを見ると
指さして「わんわん!」と言う。


しかし、動物の犬を見ても何も言いません。
娘にとっての“わんわん”は、いないいないばぁ
の“わんわん”なんだと思います(^^;)

◆アンパンマンを見ると「アンパン!」と言う。

実際はこんなハッキリではなく、
アープァ!みたいな感じです(笑)

◆人参を見ると「んーじ!」と言う。

↑前から言えていた「パパ」と合わせると一応
名詞を3つ以上クリアできたことになります。

◆夫が朝 出勤する時など、
「わいわ〜い(バイバイ)」と手を振る。

◆「ブーブー」「クック」の指さしをクリア。

◆チューリップの歌を私が歌うと揺れながら
「咲いた〜」の「た〜」など語尾だけ歌う。

◆絵本のタイトルを言うとそれを持ってくる。

◆もう1回してほしい時、指を「1」にする。



まだ食事を見直してたったの1ヶ月なので
そんな早く効果が出るはずはないのですが…
少し言葉が増えたので親としては嬉しく、
栄養と精神面の繋がりを完全に否定は
できないなと思わされました。


しかしながら、
未だに私のことを「ママ」とは言わないし
兄のことを「じじ」と言ったり、
意味不明なことも多いです(;´Д`A

↑の言えていることも、気が乗らなければ
プイッとして言わないこともありますし、
指さしもたまに間違います。

二人目なので毎日私と息子の会話を
間近で聞いている訳だし、女の子は
男の子よりもお喋りが早いというのに。

早い子だともう二語文を話すんだとか…
ありえません…(;´Д`A
他の子と比べても仕方ないんですけどね。

まだまだ追いついていない娘ですが
健診では「再検査」を言われた訳ではないし
もう少し様子見ということで…
気長に見守っていこうと思います。



*こなつ*

よだれカバーを処分。


捨てたもの。
それは、抱っこ紐のカバーです。

AAE70E93-8C74-421A-81C1-3599EB8530BF

このカバー、当たり前のようにその都度
付けていたけれど、よく考えてみれば
「よだれカバー」なんですよね!!

赤ちゃんの頃からあまりよだれの出ない
娘には、特に必要ありませんでした(^^;)

ということで、2セットを処分。

最近は、寝かしつけもおんぶをしなくても
自分で布団に転がって寝てくれるようになり
外でも短距離ならしっかり歩いてくれて、
長距離ならベビーカーに乗っていてくれるので
抱っこ紐を使うことがほとんどなくなりました。

雨の日の幼稚園の送り迎えくらいかな?

息子の時は、ちょうど2歳くらいで
娘を妊娠していることが分かったので
抱っこ紐の使用をやめたのですが、
娘はいつまで使うことになるかなぁ。

2歳を過ぎると重くなるし、
抱っこより歩きたい!となりそうなので
2歳頃に卒業かな〜と考えています。

二代に渡って約4年間使ってきて
思い出がぎっしり詰まっているので
処分するのは勇気が要りそうです(笑)


捨てる物を探す。


ここ最近、あまり捨て作業をしておらず
久々の“捨て” となりました。

日々何気なく過ごしているだけでは
捨てる物は見つからない
ものです。


要らない物は、
探さないと見つからない。



物を増やさない為に、
定期的に捨てる物は無いか探して、
捨て作業を続けていこうと思います。


*こなつ*

発達障害は食事でよくなる?


読みました!!
あまり頭の良くない私は書評とか
うまく書けませんが…

E3444DD8-EA43-4CCA-A64E-7830212C3881



読んでみて、私が改善しようと思った
ことをまとめてみたいと思います。


栄養バランスの割合。


今まで息子の食事の内容は
米や麺:野菜:肉や魚
5:4:1

でした。

それを今後は、せめて
米や麺:野菜:肉や魚
3:3:4

まで改善しようかなと思っています。

極端なことはできそうもないので、
バランスを見ながら少しずつ進めていきます。


やっぱり、レバー!


とは言え、肉・魚・卵嫌いの息子に
食べさせるのは大変なのですが…

とりあえず、単純な私は
早速レバーを作ってみました。

FA8FE39E-BF81-4EE3-ABF6-F398C8041869

昔、お惣菜で食べたことはあったのですが
自分で作るのは初めて。血抜きが大変だった
けど、めちゃめちゃ美味しくて感激…!!

息子は3切れ、娘はタレを取って1切れ
だけですが食べてくれました。

鉄分を含む食べ物の中で、
納豆や小松菜や海苔は頻繁に食べていますが
やはり吸収率が低いので、効率的に摂るには
少量でもレバーを食べる方がいいのかな。



兎にも角にもたんぱく質。


本にもたんぱく質をたくさん摂ることの
重要性が書かれているので、とにかく
そこをまず改善していこうと思っています。

例えば、今までの息子の朝食だと
ほぼ炭水化物と野菜のみで、
無理やり卵焼き1切れを食べさせて
たんぱく質を摂取させていたのですが、

トーストにハムやチーズを乗せたり、
毎朝納豆1パックを食べる習慣をつけたり、

たんぱく質をもっと摂れる工夫をしていきます。

牛肉を食べない我が家ですが…
赤身の牛肉はたんぱく質も鉄分も同時に
摂取できるので、これからは積極的に
料理に使っていきたいです。


娘の対策。


それから…
アトピー気味で、便秘がちな娘。
いきなりたくさんのたんぱく質を食べさせても
未熟な胃腸で分解できずにまたアトピーの症状
が悪化するような気がする
ので、苦肉の策で
粉ミルクを1日1回だけ始めることにしました。
(偏食気味なので栄養を補う意味でも)

というのも、全然水分を摂ってくれないので
それも便秘のひとつの原因かな?と思って…
アトピーの人は胃腸が弱く便秘や下痢を繰り返す
人がとても多いと聞いたことがあります。
赤ちゃん用の粉ミルクならお茶と違って
飲みやすいからたくさん飲んでくれそうです。
(私はフォローアップミルクや牛乳には疑問点が
あるので、飲ませるつもりはありません)

もちろん、せっかく母乳をやめてご飯も
食べてくれるようになったので、またミルク
に戻ってしまわないように加減して与えます。
それでもしアトピー&便秘が悪化するよう
なら飲ませるのはやめようと思います。


鉄たまご。


ひつじ様がわざわざTwitterを介して
私に伝わるよう呼びかけて下さって、
鉄製のフライパンや鉄たまごという商品で
鉄分補給ができると教えていただきました。




食事を変えなくても、調理器具から
自然に溶け出した鉄分を摂取することが
できるので子供にはいいかもしれませんね。

鉄のフライパンはちょっとハードルが高いので
まずは鉄たまごを購入し、毎日のお茶や
お味噌汁、煮物に使ってみようと思います。

子供がまだ小さいうちに気付くことができて
良かったと思い、私にできることを精一杯
してあげようと思います。
「LITALICO発達ナビ」というコミュニティ
サイトも活用させて頂きます!
ひつじ様、本当にありがとうございました!

▼ひつじ様のブログ
腹黒ひつじの汚うち脱却ブログ


具体策まとめ。


ということで、
ズボラな私が実践できることをまとめると

・週に1回レバーを作る。
・毎日、納豆1人1パック。
・牛肉も積極的に取り入れる。
・娘は粉ミルクも活用。
・鉄たまごを使って鉄分補給。


とりあえずは食生活を改善することから
スタートして、サプリメントには頼らずに
できることからやってみようと思います。

どんな効果があるか分かりませんが、
試してみる価値はじゅうぶんありますよね!


おわりに。


本当に心から思うのは、
ブログをしていて良かったということ。

ミニマリストとしてブログを書かせて
頂いているので、子供の発達のことを
書くのは…と思ったこともあるのですが
こうやって貴重な情報を得ることができ
子供たちの人生を左右することも有り得る
ので、本当に有難いことだなと思います。

少しでも子供たちの発達に改善がみられる
ように私にできる限りの事をしようと思います。


関連記事