*こなつ日和*

子育て真っ最中でもシンプルに快適に暮らすミニマリスト主婦のブログです。

2019年06月

夫の一言。


前回に引き続き、専業主婦ネタが続きます。

※まとまりのない ただの独り言
ですので悪しからず…m(_ _)m



先日の出来事ですが…
家族での外出の帰りに、思わぬ渋滞に
巻き込まれてしまい、早めに帰って夕食の
支度をする予定が…思っていた時間に
帰れなくなってしまいました。

夕食の時間が遅れるとお風呂の時間も
寝る時間もどんどんズレてしまう訳で…
私はなるべく休日も子供たちのリズムを
崩したくないタイプです。

「帰ったら夕食の支度ちょっと手伝ってよ〜」
と冗談っぽく夫に言ってみたところ、
びっくりする返事が返ってきました。


「じゃあ、お前は俺が出張の日に
もし時間がなくなったら代わりに
出張に行ってくれるの?」



瞬時に頭の働かない私は、
その場ではうまく言い返すことができず…

でも、後からゆっくり考えてみると
やっぱり納得いかないんですよね。

夫と口論しても絶対に勝てないので、
ブログに書いてスッキリしようと思います(笑)


基本ワンオペ育児です。


まず…
夫の出張=平日の話です。
平日は私も100%ワンオペで頑張っています。

夫の力は何ひとつ借りていません。

土日だって、夫がゴルフの日は私が1人で
子供たちを遊びに連れて行って、家事も
全てやって、夫のご飯を作って待っています。

ゴルフのない休日くらい、
私が困っている時くらい、
ほんの5分でもいい、
どうせスマホを見てゴロゴロするなら、
ちょっと助けてくれたって…
と思う私は甘いのでしょうか?


夫の代わりはできないけれど…


もちろん、専業主婦である私は、家事が
自分の仕事であることは重々承知しています。


お皿の1枚も洗ったことのない夫に対して
家事を求めても仕方がないとさえ思っています。

仮に夫が家事を手伝ってくれたとして、
じゃあ私は夫の仕事を手伝えるのか?
と問われると、それは物理的に不可能です。
私が代わりに出張に行くなんて非現実的。

でも、代わりに稼ぐことならできます。
実際に少しですが収入はあります。
我が家は同居の為 保育園を利用できないので
娘を家でみながら在宅で仕事をしています。
簡単にやれていると思われたくないですね。


育児は2人の仕事。


きっと夫は、「疲れて休みたいのに
家族の為に一緒に出かけたり、子供の相手
をしたり家族サービスしているじゃないか!」

と思っていることでしょう。

でも私は「私たち2人の子供なんだから
休日くらい、一緒に出かけたり遊んだりする
のは当たり前でしょ?」
と思っています。

ここに、2人の考え方のすれ違いがあると
私は気付きました。


思いやることが大切。


結局のところ…
「思いやり」の問題ですよね。

私もまさか本当に家事を手伝ってくれるなんて
思っていなくて、ちょっと思いやってくれれば
それで良かったのかもしれません。

それなのに物理的に不可能なことを
言われてショックだった部分もあります。

ここまで書いておいてなんですが、
休日の夫は育児には協力的な方だと思います。

世のイクメンには到底かないませんが、
最低限のフォローはしてくれています。
(娘の食事のフォローや、帰宅後の手洗い、
風呂上がりのドライヤー、歯磨きなど)

子供たちにとって良きパパであると思うし、
夫が子供たちの相手をしてくれているから、
私もいつもより穏やかに家事ができるのです。
2人の子供だから 当たり前…ではなく、
感謝の気持ちを忘れてはいけませんよね。

お互いに「感謝」と「思いやり」がないと
夫婦は成り立たないなと、改めて反省。


求めるばかりではなく、夫に感謝の気持ち
を示しながら仲良くやっていきたいです。

ただの主婦の愚痴&反省ブログでしたが…
長々とお読みいただきありがとうございました。

皆さん、今日も1日頑張りましょう!!



*こなつ*

私が言ってしまった言葉。


私は専業主婦です。
子育てをしながら働いている
お母さんを心から尊敬しています。

ネット上では専業主婦vs兼業主婦の
対立がよく見られますが…
実際私の周りではそんなことはなく、
お互いに尊重し合えている感じです。

でもやっぱり、専業主婦と兼業主婦は違うので
安易に言葉をかけ合うのは怖い
と思っています。

まだ息子が生まれて間もない頃、
働いている友達に対して
「小さい子供がいて働くなんて本当凄いよね!」
と言ってしまったことがあります。

初めての育児で毎日いっぱいいっぱい
だったので、この上に仕事なんて!と
単純に尊敬の意味で言った言葉だったのですが
「働かないとやってけないんだよ。
凄いとか言われると悲しくなる〜。」

と返されてしまいました。
余計なことを言ってしまったと反省しました。

それ以来、安易に言葉をかけないように
気を付けるようになりました。


よく聞かれる3つの質問。


私自身も働くお母さんから、
色々聞かれたりします。
その中でもよく聞かれる3つの質問。


①「いつから働くの?まだ働かないの?」

働くことが前提の質問ですね。
我が家は義親と同居している為、
保育園に入れることができません。
かと言って義親を保育園代わりにもできない。
だから、もし外に働きに出るとしても
娘が幼稚園に入園してからになります。

なので今は、家で娘をみながら
在宅でできる仕事をやっています。
ほんの少しの収入ではありますが、
ゼロよりはマシだと思っています。

保育園問題もそうですが、
パパの協力なども含めて“働きやすい環境”
の人ってそんなに多くない気がします。


②「旦那さんの収入だけで大丈夫なの?」

そうなんです、大丈夫じゃないんです…!!
専業主婦というと、旦那様が高収入という
イメージがありますが、我が家は違います。
全く大丈夫じゃありません(汗)

とりあえず、娘が入園して手が空けば、
今在宅でやっている仕事を 本格的に
範囲を広げてやっていきたいなと
思っているのですが…

外で働いている人からすれば、
ちょっと心配になりますよね(^^;)


③「家で毎日何してるの?」

これを聞かれると、なんだかすごく
複雑な気分になるのは私だけでしょうか(笑)

普通に「児童館ばかり行ってるよ〜」とか
「何もしてないのに1日が終わるの〜w」
とか答えればいいんだと思うのですが、
卑屈な私は「暇だと思われている…」
と落ち込んでしまうのです。

単純に、働くお母さんが「保育園に子供を
預けて仕事をしている時間」に専業主婦は
「子供を遊ばせたり生活のお世話をしている」
というだけの話なんですけどね。


仲良くしていきたい。


働くお母さんは、
社会に出て感じる特有のストレスと
出勤前・帰宅後のバタバタ、時間に追われる日々…

専業主婦は、日中もずっと小さな怪獣に
振り回され続けるストレスと、
金銭的に自由のない環境だったり…

お母さんは、みんな大変!!

だから、働くお母さんも専業主婦も
お互いに刺激し合うことなく、
尊重し合えたらいいですよね。

私も、余計なことを言わないように
気を付けながら、働くお母さんとも
これからも仲良くしていきたいと思います(^^)


▼私は毎日こんな感じで過ごしています。




*こなつ*

捨てたもの。


久々に物を捨てました。

離乳食などを保存する為の容器と、
エジソンの赤ちゃん用のスプーンと
フォークのセットです。

52E7D15C-11BC-4BD6-80AA-EDA30C9A721E

このスプーンとフォークは、息子の時に
買ったものなのですが、娘は結局一度も
使うことなく捨てることになりました。

娘は特にスプーンの練習などはせず、
食事の時に普通のスプーンやフォークを
一通り食卓に並べておいたらいつの間にか
上手に使えるようになっていました(笑)

息子の時は、1人目だったので
アレコレ便利な道具を買っていましたが…
無いなら無いで、それなりに成長
するものなんですね(笑)


使わないなら、即処分。


別に引き出しが溢れている訳でもないし、
収納スペースがなく困っている訳でもないけれど
「捨てられるものはすぐ捨てる」ように
普段からなるべく気を付けています。

置いておいても邪魔にならない物でも
もう使わない物なら、処分してしまう。


“なんとなく” 保管しないこと。


使う物・必要な物 だけにしておくと、
身の回りがスッキリと心地良くなります。

皆さんも捨てられる物、ありませんか?



*こなつ*

ベランダ掃除。


最近、掃除記録をサボっていました(^^;)
自分の為にも記録していきたいと思います。

さて、早速ですが今回は
久しぶりにイライラしたので
ベランダの掃除をしました!!

まずはサッシから。

625A3E65-69DD-41D7-B504-A32CD76CEB24

100均の刷毛を使って。
かれこれ1年くらい愛用している(笑)

926AFFFE-D327-47C6-811A-5C266DB22C5F

ひたすらゴシゴシしました。


イライラする時は、
片付けや掃除でスッキリさせるのが
1番だと思っています!!



買い物や ドカ食いは、
お金も掛かるし、体にも悪い。

片付けや掃除は、費用0だし、衛生的。


良いことしかありませんよね。


夫婦喧嘩。


イライラの原因は、もちろん夫です(笑)

夫と少し距離を置きたかった&
スマホじゃなくて子供の相手をしろー!!
と思い、外に出て掃除することにしました。
が、子供たちはベランダに興味津々で
網戸に張り付いて私を見ていました(笑)

綺麗になって、気持ちもスッキリ☆

子供の前では言い争いは避けたいので
自分の中で消化する方法を探しています。
思ったことは全部言うタイプなんですけどね…
それはあくまで冗談っぽく、なので。
↑今回は冗談が通じなかった。

喧嘩のことについて……
自分の気持ちがまとまれば、
いつかブログに書けたらいいなと思います。


*こなつ*

娘の発達に関して。


「子供の発達には食事が関係している
かもしれない」と情報をいただいてから、
鉄分・たんぱく質を多く摂取させるべく、
色々工夫してきました。



具体的な食事の見直し内容はコチラ。



食事の見直しのほか、絵本を読む回数や
手遊びや語りかけの回数を増やす
など、
私なりに工夫してやってきました。

そんな約2ヶ月後の娘の現在の様子を
記録として書いてみようと思います。
正確には1ヶ月半ほどです。

ご興味のない方、申し訳ございません。


娘の発達に関する記事一覧。


※これはあくまで我が家の場合であり、
食事の見直しを勧めたり、発達の改善を保証
するものではありませんのでご注意ください。



娘の変化。


ちょうど前回の記事を更新したあとから
ちょこちょこと言葉が増え始め…

お散歩中の犬を指さして「わんわん」
お庭に出て祖父がいると「じぃじ」
お腹をさすりながら「ぽんぽん」
車の絵を指さして「ぶーぶー」
葉っぱを指さして「ぱっぱ」
基本的に小動物は全て「わんわん」
ミッキーやプーさんも「わんわん」…

などなど、色々と言葉が出てきました!!

「みかん」「りんご」「魚」「ちょうちょ」
「ドキンちゃん」「バイキンマン」など
どれ?と聞いた時の指さしもクリア。

ゴリラは?と聞くと胸をウホウホ叩いたり
キリンは?と聞くと手を高く伸ばして歩いたり
ぞうさんは?と聞くと手をパオーンします。

「ぶぶーん!」と言いながらおもちゃの車を
走らせてみたり遊びの幅も広がってきました。


それにびっくりなのが、
泣いた時に「どこが痛かったの?」と聞くと
「ここ〜」と指をさして教えてくれたり、
作りたてのお味噌汁(火傷しない程度)を入れた
器を自分で触って「あちち〜!」と言ったり
抱っこしてほしい時に「あっこ」と言って
抱っこすると「あっち」と指さして
あっちに進めと要求してきたり…(笑)
少しずつ会話?っぽくなってきました。

ウ◯チが出た時には「ン!ン!」と言って
お尻をアピールしながらオムツを持ってきたり
お風呂場で「ッコ!ッコ!」と言って足元を
指さし、見るとおしっこが出ていたり…
排泄の感覚も分かってきてるのかな?と思います。
そろそろトイレトレーニングも考えようかな。

最近は何でも自分でやりたがるので
好きにさせていたら、靴下も自分で履き、
スプーンも上手に使えるようになりました!

あと カメラを向けるとポーズを取るように(笑)
両手の人差し指をほっぺに持ってきて
ニコニコのポーズをキメてくれます(^^)


おわりに。


息子もそうですが、同じく娘も…
この短期間での成長には驚かされます。

既に二語文を話している子に比べると
まだまだな娘ですが、表情も豊かになり
悪いことも何でも兄の真似をしたり、
更に毎日が楽しく騒がしくなってきました。

これからも、私自身も楽しみながら
語りかけや読み聞かせを続けていきたいです。

今後もまた何か変化があれば、
記録していきたいなと思います。
お読みいただきありがとうございました。



*こなつ*

息子の発達に関して。


「子供の発達には食事が関係している
かもしれない」と情報をいただいてから、
鉄分・たんぱく質を多く摂取させるべく、
色々工夫してきました。



具体的な食事の見直し内容はコチラ。



食事の見直しのほか、とにかく些細な
ことでも“しっかり褒める”ということを
注意してやってきました。

そんな約2ヶ月後の息子の現在の様子を
記録として書いてみようと思います。
正確にはまだ1ヶ月半くらいですが。

ご興味のない方、申し訳ございません。


息子の発達に関する記事一覧。


※これはあくまで我が家の場合であり、
食事の見直しを勧めたり、発達の改善を保証
するものではありませんのでご注意ください。



息子の変化。


前回にも少し書いたのですが、
着替えや用意がスムーズになり、
スケジュールの把握もできるようになりました。
今では言わなくてもいつの間にか着替え終わり
その日の持ち物を自分でカバンに入れています。

本当に2ヶ月前までは、自分で用意なんて
全くそんなレベルに達していなかったんです。
私が怒鳴っても動かず、最終的に無理やり
着替えさせて泣きながら行く日もありました。
もうビックリなんてもんじゃないです…!

絵本を自分で読むこともすっかり習慣化し、
「自分で読むなら 小学校初級むき」の本を
選んで読むようになりました。
読むことがとても楽しいみたいなので、
このまま読書好きな子になってほしいです。

5CA0E508-13EA-4D5A-9637-C62547951A28

お風呂に貼っている掛け算表も興味を示し、
表を見ながら音楽に乗せて歌っています。
(私が子供の頃に歌っていた九九の曲を教えました)

前に幼稚園で歯磨きと虫歯のお話があった
そうなのですが、その日の夜、30分くらい
かけて、その話を必死で教えてくれて…
「バイ菌はね、甘い味が大好きなんだって。」
「クイズでーす。りんごと飴、バイ菌は
どっちが好きでしょうか!」などなど(笑)
真剣にお話を聞いたんだなと嬉しくなりました。


大きな変化2つ。


そんな中でも、私が大きな変化だなと
感じたことが2つあります。

◆1つは切り替えが上手になったこと。
前までは何かを途中のまま終わらせる時など
切り替えがうまくできずに癇癪を起こすこと
が多く、その都度 説得が大変だったのですが
最近は「続きは明日すればいっか。」など
スッと切り替えができるようになりました。
自分で「切り替え切り替え〜」と言っているから面白い(笑)

◆もう1つは お友達に譲れるようになったこと。
おもちゃの貸し借りも、遊具の順番も、
前までは「嫌だ!」と 折れることができず
最終的に泣くパターンだったのですが、
最近は、譲りたくなくて「ゔーーー」と
なっているけれど、ちょっと溜め込んだ後、
「はい、どうぞ」と言えるようになったんです。
この「ゔーーー」の間に自分の中で消化して
我慢ができるようになったんだと思うと、
素晴らしい成長だなと思いました。


笑顔が増えました。


これらの変化が、単なる年齢による成長なのか
食事によるものなのか、私にも分かりません。

しかし、確実に家族に笑顔が増えています。

もしかしたら私の意識が変わったから
息子も変わってくれたのかもしれません。

まだ同じ年齢の子に比べると、
出来ないこともたくさんあると思いますが
短期間での成長を思うととても嬉しいです。

今後もまた何か変化があれば、
記録していきたいなと思います。


*こなつ*

来月から夏休み。


最近、ごっこ遊びを始めると
急にオネエになる息子。

「お買い物に行くわよ〜、
さぁ今日は何を買おうかしら。」


ん、大丈夫か…?(笑)
ちょっと心配しつつ見守っていると、

行く途中に車とぶつかってしまう
という事故が発生!(;゚Д゚)))
そしてパトカーや救急車が出動するという
なんとも男の子らしい展開に…

ホッと一安心したお母ちゃんでした(笑)

さて、そんな息子ですが
来月から夏休みに突入します。

今年の夏休みの過ごし方について
考えみたので、今日はそのことを。


どう過ごすか問題。


昨年の夏休みはショッピングモールを徘徊し
今年の春休みはテーマパークに入り浸り…


関連記事



毎回どうしようと頭を抱えていますが

今年の夏休みもどうしましょう!!!

テーマパークもいいんですけどね…
暑すぎて熱中症も怖いし毎日は無理かなと。

涼しいところといえば
図書館とかショッピングモールですが
昨年は娘はベビーカーで大人しくして
くれていた(なんなら寝てくれてた)けど、
今年は絶対ジッとしてない…
二人が違う方向へウロチョロしてしまう
のが目に見えていて憂鬱です(T_T)

元気なママさんなら色々なイベントを
探して参加されるんだろうけど、
怪獣2人を連れてアチコチ飛び回る
元気は私にはありません(T_T)

…ということで我が家の今年の夏休みの
過ごし方をまとめてみます!!


我が家の過ごし方。


・庭でプール or 水遊び
庭でプールを出すのが1番簡単!!
移動がないので私がラクできます(笑)
と言ってもコレ(↓)を出すのは大掛かりで
後片付けも大変なので、普段はプールは
出さずに水鉄砲や水風船で濡れながら
2人で遊んでもらおうかな。

・お風呂場で水遊び
雨の日やちょっと気温が低めの日などは
お風呂で遊ぶのも楽しそうですね。
日焼けの心配もないし、後片付けもラク。
よし、水遊び用のおもちゃを買おう。

・習い事(週2回)
夏休みも通常通りあるので、
送り迎えも含めて半日は潰せそうです。

・テーマパーク
せっかく年間パスを買ったので、
2〜3回は行けたらいいな。
できれば夫のいる日が希望だけど…

・掃除や料理のお手伝い
2人ともお手伝いが好きでやりたがる
のですが、すっごく時間がかかる(笑)
なので夏休みの時間を利用して、
たっぷりお手伝いしてもらおうと思います。

・宿題
忘れちゃいけない宿題のことを…
今年は絵日記も始まります。
文章を作って、字を書いて…という流れは
今幼稚園で練習中らしいのですが、
まだ1人では難しいと思うので
付きっ切りで見てあげなきゃです。

・絵本、お絵かき、おりがみ、知育遊び
外で遊ぶのも大切だけど、家での遊びも
しっかりやらせたいです。
なるべくテレビは見せないようにしていますが
夏休みは完全にゼロは無理だと思うので…
テレビ漬けにならないように、
知育遊びも充実させたいです!!

・預かり保育
最終手段はこれ!!
主にお母さんがお仕事をされている家庭が
利用されているそうですが、申し込めば
誰でも利用できるそうなので1回くらい
行かせてみようかな。息子も楽しいはず。


本当は…


夫が休みの日には旅行も行きたいなと
考えていたのですが「わざわざ暑くて
値段の高い時に行かなくても秋頃に
なってからでいいんじゃない?」と言われ…

そもそも夫はあまり休みもないので
近場の水族館や博物館などに
行けたらいいかな
と思います。
夏祭りなんかもありますしね。


おわりに。


夏休み、憂鬱ですよね…!!(笑)
我が家は3歳差で、性別も違うので
とっても悩みます。
来年になるとまた変わるのかな。

インドア派の私にとっては過酷ですが
子供たちにとって有意義なものにしたい。
来月までに体力を温存して、
頑張りたいと思いますーー!!


*こなつ*

発達と食事の関係。


「子供の発達には食事が関係している
かもしれない」と情報をいただいてから、
私の中で意識が変わりました。
発達のことはカテゴリーにまとめています。


関連記事




大丈夫だと思っていました。


今までの私は、
正直、栄養が子供に与える影響なんて
そこまで深く考えていませんでした。

野菜もちゃんと食べてくれるし、
白米もモリモリ食べてくれるし、
お菓子は大量に与えていないし、
「我が家は大丈夫」だ
と思っていました。

というか、これまでの人生
野菜が絶対だと思って生きてきました。
別にお肉なんて食べなくても生きていけると
本気でそう思っていました。

でも、それは少し違いました。


たんぱく質は体を作り、
脳の働きを助けます。



我が家はそのたんぱく質が欠けていました。

独学ですが、今 栄養を少し勉強していて、
たんぱく質の大切さを知りました。
たんぱく質不足は色々な不調を招きます。


最近の息子の朝食。


ということで…
たんぱく質を意識し始めてからの
息子の朝食はコレ。

DBC86E97-A5DD-47D3-8035-01831B1EAB42

・鮭のおにぎり
・ハムチーズトースト
・たまご焼き
・ブロッコリー&トマト
・納豆(亜麻仁油を垂らして)

※パックのままで失礼します…

朝から豪華な朝食を作れない私には
これくらいがちょうどいいかなと思います。
どれも手間がかからないものなので(笑)

本当はトーストをなくして
お味噌汁を付けるのが理想ですが、
息子はトーストを譲れないらしく(^^;)

▼亜麻仁油が体に良いと聞いて使い始めました。

CABB4E21-0764-416C-B249-3DEE50357F0E

いわゆる、オメガ3という必須脂肪酸ですね。


バランスが大切。


今までの朝食は、ジャムトーストに
サラダを添えるだけの日もあったり…
たんぱく質ゼロ…

栄養のこと、知ってるようで
全く何もわかっていませんでした。

本当はもっと色々書きたいのですが、
ネットで拾った情報などもあるので
断定して書いてしまうのは怖いかなと思い…
特に栄養に関しては色々な説があるし…
中途半端な記事ですみません(;´Д`A

とにかくたんぱく質も含めて
バランスが大切ということです!!
(当たり前ですね、すみません汗)

発達のこと云々は関係なくても、
バランスの良い朝食は子供にとって
良いに決まってますもんね。

まだまだもっと勉強して、
バランスの良いご飯を作りたいと思います!




発達のこと。


息子の発達に関して、前回からの続きを
記録として残したいと思います。

※ご興味のない方 申し訳ございません。


息子の発達に関する過去記事はコチラ。



担任の先生に伺ってみました。


発達に関して気になることを書いた
お手紙を渡してから、先生に息子を
注意深く観察していただいて、
日頃の様子をお伺いしました。

・集中力のなさ。
お勉強系のプリントの授業は
好きだから集中してやるけれど、
苦手な工作だと、手が止まっていたり
ぼーっとしていることがあるそうです。

・周りよりワンテンポ遅い。
遅いのは遅いけれど、周りを見て
付いていこうと頑張っていて
“自分でやろう”という姿勢は見られるとのこと。

・片付けに関して。
お道具箱の中を整理して「ほら見て!」
と先生に言いに行くことがあるんだとか。
おもちゃの片付けも積極的らしいです。

・友達とのコミュニケーション。
喧嘩はたまにするけれど、特に喧嘩っ早い
ということもなく、ちゃんと輪の中に入って
遊んでいるし、仲の良いお友達も居て、
楽しそうに過ごしているとのことでした。

・1番へのこだわり。
家では1番になれないと泣くという
話をすると、先生が大変驚かれて…
幼稚園では競争心が全くないらしく、
もう少し1番になろうという気持ちが
あっても良いくらいだと言われました(笑)

・集団行動ができない。
息子1人での話ではないらしいですが…
数人のお友達とお喋りに夢中になってしまい
教室に戻るのが遅れて、みんなを待たせて
しまうことがあるそうです。
「みんなが待ってるから急がなきゃ」と
気付くことができず、目の前にお友達がいる
から大丈夫だと思ってしまっているみたい。
でも注意すると「あっ、しまった」という
表情をするので、“自分がみんなを待たせて
しまったんだ” という認識はあるようです。
息子が1人だけで違う行動をしていることは
ないとのことでした。


私が感じる他の子との違い。


以上のお話をされたあと、
「出来ないことがあるのは◯◯くんだけでなく
他の子もよくあることです」と先生。

ただ、全体的に見て、

「心が幼い」ように見えます、と。

その一言を聞いて、「あ〜確かに。」
って妙に納得してしまいました。

息子にぴったりの言葉。
私が感じる「他の子との違い」
そうです、精神的に幼いんです。


心理士さんとの面談。


保健センターにて心理士さんと
個人面談をしました。

最初の30分で知能を調べるテストを
やったのですが、問題なくクリア。
5歳以上向けの計算もできていました。

しかし、「次は!?次の問題は!?」
と前のめりになって、落ち着けない。

でも30分間一応座ったまま質問に
答えたり やりとりできたので 激しい
多動は見られないとのことでした。


幼稚園と連携を取っていく。


そして、色々伺ってみました。

集中が途切れたりワンテンポ遅い時は、
担任の先生にその都度「◯◯くんは
出来たかな?」と一声かけてもらって
それで頑張って付いてこられるなら、
就学までは問題がないでしょう
と言われました。

集団行動ではみ出てしまったり、
うまくコミュニケーションが取れなかったり
することについては、その都度 注意されて
覚えていくしかない
とのことでした。

保健センターからも幼稚園へ電話してもらい
息子に対するその都度の声かけなど連携を
取って見守ってもらうことに決まりました。


グレーゾーン。


「心が幼い」ということに関しては、
確かに精神面が少し追いついていない
感じは見受けられるとのこと。

ただそれが園生活に支障をきたすほど
大きな問題に繋がっていないのなら、
今はまだ見守っていけばいいそうです。
ちょっと心配ではありますが。

結局、今の息子が発達障害なのか、
それとも性格・個性の範囲なのか、
まだ判断できない
とのことでした。

しかしそういう傾向はあるので、
これが所謂、グレーゾーンなんだなと。


ペアレントトレーニング。


それから、親の私が注意されたこと。
「お母さん、叱りすぎていませんか?」
はいそうです…
私、口うるさく注意してしまうタイプ。

悪いことを叱るのはもちろん大切ですが
ガミガミ叱りすぎるのは逆効果だそうで…

とにかく、
たくさん褒めてあげてください。


と言われました。

幼稚園からも常々言われていて
頭では分かってはいるんですけどね…
ついつい「ちゃんとしなさい!」って
言ってしまうんですよね…

ちゃんとしない子を褒めるのは
少し難しいですが、探せば良いところも
たくさんあるはずですよね。

まさに、ペアレント(=親)のトレーニング。

これからはたくさん褒めようと思います!!


おわりに。


なんだか頭がごちゃごちゃしていて、
自分でまとめたくて記事にしましたが
まとまりのない記事になってしまいました…

今はとにかく、たくさん褒めて褒めて
先生方にも協力してもらって、
正しいことを教えていくしかないんですよね。

今後また変化があれば、
記録していきたいと思います。
長々とお読みいただきありがとうございました。



*こなつ*