*こなつ日和*

子育て真っ最中でもシンプルに快適に暮らすミニマリスト主婦のブログです。

カテゴリ: 育児

2AA11293-A3E3-4AE1-8695-F4CE97498411

5歳になったばかりの息子ですが、
最近 逆上がりができるようになりました。

クラスの半数が逆上がりに成功しているそうで、
大体5〜6歳で皆できるようになるみたいですね。


公園に鉄棒がない。


先日、幼稚園のママ友と話していたのですが…

比較的早く鉄棒をマスターする子は
家に鉄棒がある子が多いみたいです。

うちの地域だけかもしれないけれど、
鉄棒がある公園が本当に少ない!!

周りのママさん達も、逆上がりの練習をしたくても
鉄棒が近くにないからできないと嘆いていました。

幼稚園にはあるけれど、
なんせマンモス幼稚園なので
自分の好きな時に好きなだけ練習できる訳ではなく…

昔と比べて他の遊具も減りましたよね…
事故があったりするので仕方ないことなのですが。


鉄棒は練習あるのみ!


我が家は、夫の両親と二世帯同居なので
親世帯のスペースにジャングルジムがあります。

こういうタイプ▼



ブランコを外せば鉄棒になります。

毎日遊びの延長で練習していたら
5歳0ヶ月の時点で初めて逆上がりに成功し、
そのままトントン拍子に
4回連続の空中逆上がりに成功!!

(足をつかずにグルグル回るやつです♪)

息子の場合、筋力があるというよりは、
体重が軽めなので持ち上がりやすいのかな?
という感じです。

最近の公園には鉄棒が少ないことから…
鉄棒を身近なものにする為には、
家に鉄棒があった方がいいと思います!


特に鉄棒は〝練習あるのみ〟なので
家にあれば思いっきり練習できますよね。

息子も、家に鉄棒がなければこんなに
急激に上達しなかったと思うので、
両親には本当に感謝です(^^)


おわりに。


息子はどちらかと言うと、スポーツよりも
家で計算ドリルをしたり、なぞなぞをしたり
図鑑・絵本を読む方が好きなタイプなのですが、

あとこれもハマってます▼

関連記事…幼稚園児〜大人まで!脳トレにオススメの立体迷路。

今年に入ってから休日に夫と走り込みをしているので
体力がついてきたのかもしれません。

最近は習い事のサッカーの試合でも
ボールに触れられる回数がかなり増えて
先頭でドリブルする姿を見ることも多く、
先生にも褒められました!!
(この時からは想像もできない姿です)

勉強も良いけれど、親としては
やっぱりスポーツも頑張ってほしいので
これからも応援してあげたいと思います☆

*こなつ* 




.

0C09D894-44E5-4E95-8654-632BAEC1AA97

幼児期に沢山お手伝いさせると
子どもにとって良いとよく言われますが…

実際やらせるとなると大変ですよね…(;´Д`A

最初から上手にできるはずもないし、
沢山やらせて徐々に覚えていくものなのですが。

料理のお手伝いなんてさせようものなら
ビッチャビチャのぐっちゃぐちゃにされて
私1人なら5分で終わる作業が、
果てしなく長〜い労働に変わる…(白目)

頻繁に〝子どもと一緒にお菓子作り♪〟
とかできる人を心底尊敬します。。。
子どもは幸せだろうなぁ(^^)


洗濯物を畳むお手伝い。


そんな私が最近やらせているお手伝いは、
ド定番ですが、

洗濯物を畳むこと。

でも、やらせるからには
後で私がやり直さなきゃいけないのは嫌!!

そこで2歳の娘に畳むのをお任せしているのが
子供用の肌着・パジャマ・タオルです。

これなら別にキレイに畳んでいなくても
多少シワになったりしても関係ないし、
タオルは四角なので娘にも畳みやすい。

9E15773F-420D-490B-B7F4-0FBBBCFC476D

数あるお手伝いの中でも、
汚れない・怪我しない・失敗しないので
洗濯物畳みが1番親が楽できます!
(笑)

それでも今までの私は変な完璧主義で
キッチリ畳まないと嫌だったんですが
任せてみると案外キレイに畳んでくれるし、
それを褒めると、娘もご満悦。
↑きっとこれが大切なんですよね。

完璧を求めないということも、
〝育児のコツ〟ですね。

※私は立ったまま畳む派なので今まで考えたこともなかったのですが、
カーペットの上でタオルを畳むのって衛生的にアリなのかな…?
自分が気にならなければいっか(笑)



おわりに。


お手伝いの項目を調べてみると、
「食器を下げる」というものもありました。

食器は自分で下げるのが当たり前だと思っていた
のでお手伝いという感覚はなかったのですが(^^;)
これからはちゃんと褒めようと思います(笑)

洗濯物もそうですが、自分のものを自分で
片付ける・整える・管理する…
ということを教える為にも、これからも
しっかりお手伝いさせていきたいなと思います。

*こなつ* 






.

3EFEE8E5-2ACB-4A0D-9C71-815AB80A0825

こどもちゃれんじを始めて約半年。

毎月届くのを楽しみにしていて、
飽きずに取り組んでくれています。

テキスト多めの思考力特化コースを選びましたが
それでもどんどん進めて終わらせてしまうので、
それが終わった後は100均でねだられた
漢字ドリルを楽しそうにやっています(^^;)

今日は家庭学習について、
私の思うことを書いてみようと思います。

B01F88C6-AABE-49C1-B9B6-A220943660DB


家でも勉強する習慣付け。


勉強好きで頑張ってくれている息子ですが、
まだ5歳になったばかりの年中さん。

まだそこまで勉強させる意味もないと思うし
今覚えたことがずっと記憶に残るとも思えません。

今はまだ〝新しいことを覚えるのは楽しい!〟
と思ってもらえれば十分だと思っているので、
私にとっては〝勉強の内容〟は さほど重要ではなく
〝机に向かう習慣付け〟という意味合いが大きいです。


息子は特に発達面において心配なところがあるので
なるべく早く習慣付けておきたいなと思っていて。

周りでも「園や学校では机に向かえるけれど、
家に帰ってくるとどうしてもダラけてしまい宿題
に取り掛かることができない」
という話も聞き…

やっぱり早くから〝家でも勉強する〟という
習慣付けが大切なのかなと思いました。

その時にこどもちゃれんじの家庭学習は
年齢に合ったテキストで、内容も楽しく分かりやすい。
中には「簡単すぎる?」と思う問題もあるけれど
〝自分はできる!〟という自己肯定感を
身に付ける為にはそれくらいがちょうど良い

のかなと思います。

実際に息子も花マルをもらうと凄く喜びます(^^)
このひとつひとつが彼の自信に繋がると信じています。



「こどもちゃれんじ」詳しくはコチラ。


外で習うよりコスパが良い。


息子もお勉強系の習い事をひとつしていますが、
週に1回1時間で約1万円。

こどもちゃれんじは
12ヶ月分一括払いの場合 月々1,980円。
(毎月払いの場合は月々2,379円)

それを考えるとかなりのコスパの良さ。

外での習い事は、家にはない教材を使ったり
プロの指導の元でやる勉強なのでそれはそれで大切。

しかし今後お金の面で厳しくなってくれば
家庭学習のみに絞ってもいいかなと思っています。


おわりに。


こどもちゃれんじには、テキストだけでなく
カードゲームや かるた、すごろく、
言葉の名前を言い合うようなゲームなど
親が付き合ってあげなきゃいけないものも多く
共働き家庭など時間が取れない場合は難しいかもしれません。

しかしある程度時間の取れる家庭であれば、
確かに少し親の負担は増えるけれど、
子どもとのコミュニケーションにもなるし
楽しく学ぶという意味では最適
だと思います。

勉強に限ったことではないですが、
小さい頃からの習慣はすごく大切だと思うので
これからも意識していきたいなと思います。

*こなつ*




.

04CA3FC4-6691-4BDD-A650-FA4C58084883

我が息子、運動神経がいまいち良くありません…
動くのは大好きなのにスポーツは苦手です。

走り方を見ていても、一生懸命走っているのに
なんだかグニャグニャ(?)してるんですよね(^^;)

そこで今日は、夫からの提案で
購入したものをご紹介しようと思います。


バランスボード。


購入したものはコチラ。


体幹を鍛えるバランスボードです。

体幹は人間の動きの基礎となる部分なので、
〝まずは体幹を鍛えよう!〟ということらしいです。

体幹を鍛えると、動きに安定性が生まれ
姿勢が良くなり怪我の防止にも役立つ
そうです。

これは息子に持ってこいの商品!!


子どもの体幹トレーニング。


9104D43F-A1AB-48D6-A88E-3B9BD84B4557

難易度は三段階に調節できます。
高ければ高いほど、バランスを取るのが難しい!!

私は運動神経が悪いので30秒も続きません(^^;)
やっているうちにできるようになるそうですが
ズボラなので全くやってません…


息子も最初は全くできなかったのですが
遊びながらやっていくうちに1分くらいは
乗っていられるようになりました▼
(難易度:中)

5826524A-9108-440F-9B02-50685D3422A0

2歳の娘も少しの時間なら乗れるように!!
息子より運動神経が良さそうです(笑)▼

A49E284D-E043-4C4B-B1BE-29E6FAB832F3

夫はただ乗るだけなら余裕すぎるので、
この上でスクワットして鍛えています。

私も見習って鍛えよう…


おわりに。


丈夫なので子どもに使わせても壊される
心配もないし、レベルが三段階に調整できたり
この値段はお買い得かなと思います。

コンパクトなので場所も取らないし、
ただ上に乗ってバランスを取るだけなので
音もなく、埃を立てずにトレーニングできるのは
主婦としては助かります!!(笑)

テレビを見ながら乗っているだけでも
エクササイズになるので、ダイエットしたい
女性の方にもいいかもしれません♪

気になる方は是非!

*こなつ*


D7ACBD74-CE99-4B99-8EA8-F2E561EE7572

息子の5歳の誕生日プレゼントに、
私たち親からあげたもの。

ずっと気になってたコレ▼
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Spin Master社社 パープレクサスルーキー Perplexus rookie
価格:2948円(税込、送料別) (2020/1/28時点)



この時から狙ってました▼


実は随分前に購入していたのですが、
クローゼットの中に隠していました(笑)

今日はコレの使用感についてレポしようと思います!


パープレクサスとは?


うまく重力を利用しながら傾けたり回したりして
中のボールを1〜70まで順番通りに転がし
ゴールまで導く立体迷路ゲーム
です。

いくつも難関が仕掛けられていて、
すぐにボールが脱線してしまいます。

79A16500-45C9-4985-960B-7024F9094C5D

私が購入したのは1番簡単なルーキー。
だけど、めっっっちゃ難しい!!

1度クリアできればコツは掴めるのですが
神経を集中させていないと何度も失敗します。

大人でもかなりやりがいがあるゲームですね。


5歳息子の様子。


私は49番までいけたのですが、
チューブトンネルが難しくて
50がなかなか超えられない…
(トンネル内でボールを見失う)

トリック色々▼
D1048134-0CD0-4CB0-8E24-096394F17E8C

息子は最初苦戦していましたが、
昨日は30番までいけたそう!

眉間にシワを寄せながら真剣に取り組む姿を見ると
集中しているな〜という感じ。

これは、かなり脳トレになっていそう!

買ったばかりというのもあると思いますが
朝起きてから登園までの間と、
帰宅してから寝るまでずっとやってます(^^)

でもお風呂あがりにやると眠くなるみたいで
目をしょぼしょぼさせながら頑張ってます(笑)


おわりに。


大人もハマる立体迷路ゲーム。

電池交換も必要なく、
バラバラにならないので片付けも楽。


これは次のレベルも購入したい!▼
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Spin Master社 パープレクサスオリジナル Perplexus original
価格:3124円(税込、送料別) (2020/1/28時点)



脳トレが気になる方は是非〜♪


*こなつ*

8DBC3ADB-40D7-48B0-8F68-ABC45FB9DAC4

娘も2歳を過ぎ、少しずつ育児が楽になりつつあるのですが…

「○○ちゃんが僕の作ったブロック壊した!」
「にぃに、○○のん、取った!」

本当、最近はもう目を合わせば喧嘩!
5分に1回喧嘩!

2人以上子どもがいれば、誰もが通る道…
ですが、喧嘩ばかりな2人にイライラします!

今日は、きょうだい喧嘩の際の
私の対応を書いてみようと思います。


危険行為以外は仲裁しない。


喧嘩が起こった時は
だいたい娘の泣き声で気付くのですが
四六時中、子ども同士のやりとりを全て
見たり聞いたりしている訳ではないので
どちらが原因かは私には分かりません。

なので、できる限り平等に話を聞いて
「〜したかったんだね。」(代弁)
「〜してみたらいいんじゃない?」(代替え案)
と言うようにしています…

…が。


毎回毎回、
真剣に向き合っていられなーーーい!!



なので、基本的には放置です(笑)

娘が泣いても「仲良くねー!」とだけ言い、
危険行為が見られなければ仲裁しません。
(時々、叩き合いになるのでその時は止めます汗)

「ママ、2人が喧嘩すると悲しいな〜」
「どっちが早く仲直りできる?よーいどん!」
「あれれ?仲直りできる賢い子はどっちかな?」


みたいな感じで言っていると、最近は息子が
「僕は賢いから謝るよ。ごめんね。」
と言ってくれるようになりましたが…
それでも確率は30%くらいです(^^;)


日頃から上の子をフォローする。


上の子だからと言って、
全て我慢させるのはやっぱり可哀想。

とは言え、兄は妹より力も強いし、
ダメなことも理解できる年齢なので
どうしても注意してしまう…

話の通じないイヤイヤ期の2歳児より
状況が理解できる5歳児に我慢させる方が
親としても簡単だし、忙しい時や
娘の泣き声がキンキン響いている時は
ついつい息子に「我慢して!」と言ってしまいます。

だからこそ、私はあえて何でもない日に
「お兄ちゃんいつも我慢させてごめんね。
特別におやつ増やしてあげるね。」

とコソッと入れてあげたりしています。

そうすることで、
〝自分はお兄ちゃんなんだ〟って
良い意味で自覚してもらいたくて。

それでもこの前は
「でもそれだと○○ちゃん可哀想だよ。
ぼく要らないから○○ちゃんにあげて!」

と言われ…
そのあと兄妹でハグ…(笑)


「仲良いんか悪いんかどっちやねん!!」

と突っ込みたくなりますが(;´Д`A

きっと本当はお互い凄く大好きなんですよね〜。


きょうだい喧嘩は悪いことではない。


お友達とは思い切り激しくぶつかり合うことは
なかなかできないので、やっぱりきょうだいって
特別な存在なのかな?と思います。

外で我慢したり気持ちを抑えている分、
家の中では遠慮なく気持ちをぶつけてもいいと思うし
本気でぶつかり合うことによって
手加減を学ぶことができたり
自力での仲直りの仕方を覚えるようにもなる。


親は大変だけど、きょうだい喧嘩も
悪いことばかりではないですね(^^)


おわりに。


これが娘がもっと大きくなればまた
違った喧嘩になってくるんだろうな…
小学生同士にもなるともっと激しくなるのか!?

私も親として正しい対応ができているのか
疑問ですが、しばらくはこんな感じで
見守っていきたいと思います!


*こなつ*

2906B0DC-69DF-4283-B71D-FA02B32CE0E9

この時期は新年度からの習い事を
どうしようか悩み始める時期ですよね〜。
私もその1人です。

息子は今、サッカーと幼児教室(勉強)に通っています。

しかしそれだけでは足りないようで
「ピアノやりたい!英語も!スイミングも!」
と色んなことに興味を持ち始めています。

親としては興味があることは全部やらせてあげたい。
時間とお金が許す限りのことをしてあげたい。

…と思うのですが、
先日 子育ての先輩から
「習い事は2つまでにしといた方がいいよ」
と、助言をいただいたので 今日はそのことを!


集中力が持たない。


その理由のひとつは、

「あれこれやらせても集中力が持たないから。」

本当にそうですよね!

親としては色んな経験をさせたくて
色々やらせたい気持ちになるけれど…
そのすべてを全力で頑張れる子って
なかなか居ないと思います。

通うのも大変だし、家での練習や宿題も含めると
忙しすぎて子どもにとって負担になることも。


最近の子は家でも ダラダラする暇がない
なんて言われていますもんね…

将来的には、満遍なく色々できるけれど器用貧乏…
なんてことにもなりかねません。

↑もちろん負担無く楽しくやれているなら、
その経験は貴重なものになると思いますが(^^)


遊ぶのが1番の仕事。


もうひとつの理由は、

「子どもは遊ぶのが仕事だから。」

確かに、習い事を詰め込みすぎると
必然的に遊ぶ時間が減りますよね。

もちろん昼間の休み時間にも遊んでいると思いますが
帰宅後に公園や家で遊ぶのとはまた少し違います。

お友達や兄弟、また親が相手であっても
守られた空間(園や学校)の外で
自分たちで遊び方やルールを決めたり
問題が起きた時に解決する力を身につけたり…

好きな遊びに没頭する時間も大切だし
遊びの中でしか学べないこともたくさんあると思います。


おわりに。


習い事って、なんとなく
〝やらせておけば安心〟という気持ちで
たくさん習わせてしまいますよね。

息子も4月から年長さんになるので
何か新しいことを…と考えていましたが
先輩の助言で踏みとどまることができました。

今後の習い事は、夫と息子と
しっかり相談して決めていきたいと思います。


*こなつ*

B376C71C-9C0A-4286-B143-C8DBF568A4DC

今月で5歳になる幼稚園年中の息子。

先日、実家の両親から
誕生日プレゼントをもらいました。


小学生向けの電子辞書。


あれこれ悩んで買ってくれたのは、
電子辞書 「EX-word XD-SK2000」

04A68E3E-1AE8-4C03-AD7F-AFF497B343D5




これだけの書籍の内容が詰まっています▼

672A2865-6D3C-4E04-BD30-D149BF443568

・基本的な国語や英語の辞典
・漢字の書き方
・ことわざ、百人一首
・英語のアニメ(ネイティブ発音)
・漢検や英検向けの問題集
・植物図鑑や昆虫図鑑   etc...


まだ息子にはゲーム機などの電子機器を
触らせたことがなかったので、
目を輝かせて喜んでいました(笑)


自宅で英語に触れる。


小学校低学年向けなので、
息子には早いかな?と思う項目も多いのですが

1番に食いついたのが
「キクタンキッズ(初級編)」

BAF18A90-B7BB-47E8-887A-19499828CE95

こんな感じの身のまわりのよく知る単語が
英語で自動的に再生されます。


中級編から上級編まで含めるとかなりの数です!

繰り返し真似して発音しているので
何かしらの効果があればいいのですが(笑)

我が家は今のところ英語教室に通わせる予定はないので
家でこんな風に遊び感覚で英語に触れられるのは
とても良いな〜と思いました!


おわりに。


他にもクラシック名曲も聴けちゃうし、
ラジオ体操も映像付きで流れます。

息抜きに書き取りノートに絵を
書いたりして遊んだりもしています(笑)

ただ、あまり長時間使うとなると不安もあるので
だいたい15〜30分ほどで区切りをつけられる
ように声掛けしています。

まだ年中なので完璧には使いこなせませんが
ひとつは持っていたいアイテムですね。

小学校2〜3年生まで、
長く使っていきたいと思います!


*こなつ*

1998A225-48CA-46BB-BC7F-C502E34AD4A1

ランチ会などで娘を連れて行くと、
必ず食べ終わるとスコンと寝てくれて
私たちの笑い声にも反応せず眠り続けるので

「手が掛からなくて良い子だね〜」
言ってもらうのですが、家ではまったく…
小さな物音ですぐに起きてしまう子でした。


まともに用事ができなかった!


しばらく朝寝習慣が付いていて、
午前中に2〜3時間眠っていた娘。

しかし、私が年末にぎっくり腰になってから
おんぶでの寝かしつけができなくなってしまい
午前中にしっかり遊んで、お昼ご飯を食べて、
私が洗い物している間に自然に寝ている…
というリズムになってきました。

午前中に寝ていた頃は、
寝たと思って用事を始めるとすぐに起きて泣き、
抱っこするとまた寝て、用事すると起きて…

を繰り返すので動かずにできる用事しかできませんでした。
(宅配便のピンポンが鳴ろうものならもう大変!)

でも、昼から自然に寝るようになってからは
私が横でドタバタ用事をしても、
まったく起きなくなりました!!

おかげで寝ている間に用事も進み、
日中 効率的に過ごせるようになりました(^^)


物音で起きなくなった理由。


小さな物音に反応しなくなったのは、
ランチ会と同様に雑音がする中で
眠りについたから
だと思います。

静かな中で眠りについてしまうと、
どうしても その後にする物音に
ピクッと反応して起きてしまうんですよね。
酷い時はティッシュを取る音でも
起きていました…(;´Д`A

閑静な住宅街にお住まいの方は
雑音と言っても逆に難しいかもしれませんが
優しい音楽をかけてみたり、
子守唄を歌うのもいいですよね♩



おわりに。


昼から寝ることによって、
夜の寝つきは少し悪くなってしまいましたが…
(息子が19:00に寝るので早すぎるというのもありますが)
20:00頃まで布団の中でコショコショお話したり
それはそれで楽しいので良いかなと思っています。

お昼寝卒業まで、約1年。
それまではこのリズムでやっていきたいなと思います。


*こなつ*

BCC71DC0-E8D5-4462-8BAC-CBE837E247C6

下の子が絶賛イヤイヤ期な我が家ですが、
上の子よりも大変ではない気がしています。
(決して大人しくないオテンバ娘ですが)

それは多分 私も親として少し成長して
適切な対応ができるようになったからかな?
と思っているので、今日はそのことを。

上の子の時はできなかった対応を
3つあげてみようと思います!!


その気になるまで待つこと。


何でも「嫌!」なのがイヤイヤ期。
ご飯もイヤ、お風呂もイヤ、寝るのもイヤ。
上の子の時は今よりも時間の余裕はあったはず
なのに…待つことができなくて半ば無理やりに
お風呂に入れたり、怒ったりしていました。

今は「お風呂入るね、バイバーイ。」と言って
先に行き、自分から来るを待ちます(笑)
それで来なかったことは一度もないので
「待つ」って大切なんだなぁと実感しています。



好きなだけやらせること。


この時期は、できないのに何でも自分で
やりたがる時期でもありますよね。
でも上の子の時は「着替えるのにモタモタ
すると風邪引くんじゃないか」とか、
細かいことがすごく気になってしまって
思い切りやらせてあげられなかったんです。
ハサミとかも危ないからと持たせなかったり。

よほど危険なこと以外は何でもやらせて
経験させた方が後々親も楽になります。


今は、娘がハサミで折り紙を粉々に刻むという
作業にハマっていて、横目で見守りつつ
私も隣で家事をしながら好きにやらせています。
家の中が折り紙のくずで埋め尽くされてますが
もう好きにしてくれという感じです(笑)


泣いている時にただ見守ること。


上の子の時はとにかく早く泣き止ませないと!
という気持ちが強く、あれやこれやと
手をかけていたように思いますが

今は「嫌だったねぇ。うんうん。」
言いながら思い切り泣かせています。

泣き止ませようと思うとこちらもイライラ
してくるので「好きなだけ泣くといいよ」
というスタンスでただただ見守ります。


気が済むとケロッとして遊び出すので、
泣かせることも1つの方法だなと思います。


おわりに。


母親としてまだまだ未熟な私ですが、
これでも1人目に比べると少しは成長して
いるんだな〜と感じます。

イヤイヤ期は子育ての中でも大変な時期ですが
これも、子どもの脳の成長に必要な時期。
いつまでも続く訳ではないので、
親子の絆を深めながら乗り越えていきたいですね。


*こなつ*