*こなつ日和*

子育て真っ最中でもシンプルに快適に暮らすミニマリスト主婦のブログです。

カテゴリ: 子どもの発達

A2B87CF9-7E93-46F6-84A9-C02B15003AE9

夏休み、子どもがなかなか宿題をしなかったり
勉強そのものが苦手でやる気がなかったり…
お悩みの方も多いのではないでしょうか?

我が家は幼稚園年長の息子がいますが
無理やり勉強をさせることはありません。

しかし、新しいことを学ぶのが大好きな子で
放っておいても勉強しています。

そんな風に勝手に勉強する子になる為の
基礎となる2つのことを書いてみようと思います。


①栄養


我が家の5歳の息子は、
記憶力が良くて何でも興味を持てばすぐに
暗記してしまうタイプの子です▼



しかし、
生まれた時からそうだった訳ではありません。

むしろ落ち着きがなく手が掛かる子どもで
当時は本当に本当に悩みました。
(詳しくは発達のカテゴリーに書いてます)

私のブログをいつも見てくださっている方は
ご存知だと思いますが、2019年の春頃に
大きく食事の改善をしました▼



栄養をしっかり考えてタンパク質や
鉄分を摂取できるように献立を変え、
それに亜麻仁油(オメガ3)もプラスしました。

それから約1年でみるみる息子は変化し、
勉強が大好きな子になりました▼

7B0F9104-F580-4FB6-8FCD-85E4AD05F5D9

タンパク質や鉄分、そして魚に含まれる
DHA・EPA(オメガ3)は、脳にとって
とてもとても重要な栄養素
なのです。

亜麻仁油に関しては少々お値段はしますが
全くクセがなく味もないし食べやすいので
魚が苦手なお子さんにオススメです。


②睡眠


よく、塾などの習い事で帰宅してからも
宿題がたくさんあって、夜遅くまでダラダラ
終わらなくて困っているという話を耳にします。

子どもにしたら、眠い中で勉強しても
頭が働かないし楽しくないと思います。

睡眠不足になると翌朝にも影響が出ますよね。
勉強をしてほしいなら、勉強を詰め込まずに
まずはしっかり睡眠を取らせること。


我が家も最低10時間は眠れるように
毎日タイムスケジュールを整えています▼



その子によって必要な睡眠時間は
違ってくるかもしれませんが…

しっかり夜は早めに布団に入って、
朝すっきり目覚めてから勉強時間を取る。
その方が集中して取り組めると思いますよ。


おわりに。


勉強しやすい環境(部屋)を与えることや
たくさん褒めて自己肯定感をあげること
など親としての関わりも、大切だと思います。

しかし栄養や睡眠はもっと根本的な部分で、
その土台がしっかりしていなければ
いくら塾に通っても親が努力しても
結果に結びつきにくいのかなと感じました。

もちろん例外もあるとは思いますが…
どなたかの参考になれば幸いです。

*こなつ*

623E83FB-46DD-45F6-96D9-7AAAF0BA5464

こちらは昨年、息子の様子について
書いた記事なのですが…▼



この記事を書いたあとに
「子供の発達には食事が関係している
かもしれない」
と情報をいただき、
それからは食事の見直しをしたり

私自身も叱り方・関わり方を変えたりして
色々試行錯誤しながらやってきました。

あれから約1年以上が経過した今、
息子の変化について書いてみようと思います。



関連記事




別人のように変わりました。


記事を読み返していると、
本当に1年前息子はこんなだったっけ??
とハッキリ思い出せないくらい、今は別人です。

忘れ物も、ボーッとすることもなくなり、
その他の問題行動もほとんど見られなくなったので
参観日でのヒヤヒヤも解消されました。

ただ、社会性の面で不安は残っていたのですが▼



先日、担任の先生に
息子の園での様子を聞く機会があり
気になっていたことを伺ってみると、

クラスでは仲良しのお友達が居て
いつも一緒に楽しく遊べているそうです。

その子たち以外にも、
「ねぇねぇ何してるの?」
「僕も一緒にやってもいい?」

と自分から積極的に関わりに行っているとのこと。

「コミュニケーションが上手になってきましたね」
と言ってもらえて、とても嬉しかったです。

私が気になっていた“話の割り込み”や
“一方通行な会話”は幼稚園内では
特に見られない
とのことでした。

私が意識して息子を見ているからなのか?
子どもなら多少はあることなのか?
引き続き様子を見ていこうと思います。


栄養管理はとても大切。


1年前は、本当にできないことばかりで、
お友達とも喧嘩ばかりで、問題児だった息子。

その頃に比べると、本当に落ち着きました。

食事の見直しが何か効果をもたらしたのか
証明はできないし、気のせいだと言われれば
確かにそうかもしれません(^^;)

でも、息子が成長し
変わってくれたことは事実です。

なので私はこれからも栄養にはとことん
気を使って食事を作っていくつもりです。


具体的な食事の見直し内容はコチラ。



※これはあくまで我が家の場合であり、
食事の見直しを勧めたり、発達の改善を保証
するものではありませんのでご注意ください。



おわりに。


言うことは聞かないし
まだまだ叱ることも多いけれど、
5歳の男の子なんて、皆そんな感じですよね。

これからも小学校・中学校・高校…
育児はまだまだ続いていきます。

きっとまた一喜一憂して、その都度
ブログにも書いてしまうと思いますが(^^;;)
そっと見守っていただければ幸いです。

長くなりましたが、最後までお読み
いただきありがとうございました。

*こなつ*

509DF76E-B8A2-4344-8722-30EA984CC54A

社会性が低く、“普通に仲良く”
コミュニケーションを取ることが難しい、
そんな我が家の5歳の息子。

私が言葉掛けを気をつけるようになってから
少し改善傾向にあったのですが、
コロナの影響で引きこもり期間が続き…
また振り出しに戻ったような気がしています。

今日はまたそんな息子について、
色々書いてみようと思います。


※息子は発達障がいと診断された訳ではなく
「グレーゾーン」というのは私の勝手な判断です。
どこに相談しても「様子を見ましょう」と言われ
どうすることもできず、見守っているところです。
この記事はあくまで私の個人的な記録となります
のでご理解いただければ幸いです。





ADHD?ASD?


息子が2歳〜3歳くらいまでは、
とにかく落ち着きがなく走り回る子で…

自閉症スペクトラム(ASD)の特徴である
逆手バイバイ・くるくる回る・偏食・
目が合わない・表情の乏しさなどは
一切見られず言葉の遅れも無かった為、
診断が付くとしたらADHDだと思っていました。

しかし幼稚園に入り大きくなるにつれて
ADHDの特徴である多動や忘れ物等は無くなり…

反対に社会性・コミュニケーションに問題が出始め
興味のあることに対して異常なほど
熱中するようになってきました。

もしかすると息子はこちらに当てはまるのでは?
と思ったので、改めて自閉症スペクトラム(ASD)
について調べてみることにしました。




空気が読めない?


自閉症スペクトラム(ASD)とは、
対人関係が苦手だったり
強いこだわりなどの特徴がある発達障がいのこと。

息子は、お友達と居ても自分の話ばかりで
常に「僕が、僕が」と一方通行。
人が話していても「ねぇー聞いてー!
あのさー!」
と割り込むことも。

自分の話を聞いてもらえないと、
ものすごい至近距離まで近付いたり、
大きな声を出して何とか振り向かせようとします。

特に、親戚の子が遊びに来た時など
興奮するとその傾向がひどくなります。

その都度注意すると 話をやめるのですが、
なぜダメなのか納得いかない様子。

私が落ち込んでいるフリをしてみると
「どうしたの?大丈夫?」と聞いてくれるので
表情が読めないということは無いと思うのですが…

どうも“周りが嫌がってる”ことには
鈍感な気がします。


年長にもなると周りの子もしっかりしてくるので
ある程度受け流してくれているのか
幼稚園でのトラブルは無いようですが
もしかすると1人浮いているのかもしれません…


「こだわり」なのか?


それから、国旗、世界地図、数字に対する
異常なまでの興味・集中・没頭。
世界のことに関しては全て丸暗記。



けれど「こだわり」というのがよくわからなくて
今のところ融通が効かないような困ったこだわりは
無いと思って育てています。

世界のことは大好きですが、勉強の途中で
話しかけたり急に外出することになっても
切り替えができないというようなことは無いし

勉強以外にも工作やお絵描きもするし、
相変わらず車や電車も好きです。

いつも同じ○○じゃなきゃダメ!などの
特定のルール等も何もありません。


サリーとアンの課題。


試しに、社会的認知能力を測定するための
「サリーとアン」のテストをやってみました。
(→ サリーとアン課題 - Wikipedia)

▼テスト内容。
サリーは自分のカゴの中にビー玉を入れた。
サリーが出掛けている間にアンがサリーの
ビー玉を自分のハコの中に入れ替えた。
サリーが帰ってくるとどこを探すか?


息子は「カゴの中。だってサリーはカゴの中に
ビー玉を入れてさー、アンが入れ替えたこと
知らないじゃん。」
と言っていたので、

一応相手の立場に立って物事を考えることが
できている
ことになります。

しかしこれができたからと言って
発達に全く問題なしということにはならないし
簡単に線引きできるものではないので難しいですよね。


おわりに。


テストがクリアできてホッとしている私ですが
実生活で問題があるなら、ダメですよね。

たまに順調に仲良く会話している姿を見ると
「もしかして私の気のせいなのかな?」なんて
前向きに思える日もあるのですが…
だからこそ、診断されずにグレーな訳で。

ただ単に性格の問題なのか、
育て方の問題なのか、何か障がいがあるのか…

子育ては分からないことだらけ。
これからも試行錯誤で向き合っていこうと思います。

まとまりのない記事になってしまいましたが
最後までお読みいただきありがとうございました。

*こなつ*

0957B521-E5F1-4D36-86C2-CDCC2308A851

6月に入って、幼稚園も再開し、
徐々に元の日常生活が戻り始めているのですが…

自粛していた3ヶ月の間に
息子の内面に変化がありました。


気持ちの変化。


ある日、テレビを見ていた時のこと。

ある番組が始まると、
なんだか急にソワソワしだした息子。

今までには見たことのない反応だったので
不思議に思い「どうしたの?」と聞いてみると
プイッとそっぽ向いて「知らない!」と。

顔を覗き込むと、
「やめてよ!知らないってば!!」
とテーブルの下に隠れてしまいました(^^;)

そう…この3ヶ月の間に
テレビに出ている同年代の女の子に
恥ずかしさ?照れ臭さ?を感じるように
なってしまったのです。

そういう感情が芽生え始めたんだな〜!と
成長を感じましたが、心配なことも。


心配なこと。


ただ、心配なのは
今後幼稚園などでクラスの女の子に
同じような感情を抱いた時、

恥ずかしさを隠す為に
わざと冷たい対応をしたり、
意地悪なことを言ってしまわないか…


息子の場合、コミュニケーションが苦手で
「普通に仲良く」が難しいんですよね。

会話が一方的だったり、
自己主張が強すぎたり…

詳しくは過去に書いています▼



そんな様子も徐々に改善しつつあったのですが
そこに来ての長期休園だったので、
また振り出しに戻ってしまったかもしれません。

幼稚園での様子は全然分からないので、
詳しくは次の懇談で相談しようと思います。


おわりに。


息子はもう年長さんなので、自分と他人の
気持ち・考え方が違うことも理解できるはず。

この辺の絵本を買ってみて
一緒に考えてみようかなと思っています▼





内容を読んだ訳ではないので、
今の息子に合っているかは分かりませんが…

また何か変化があれば更新します。

*こなつ*

E145238D-E446-4600-9EB3-DBDF9E2CB883

前回の記事で、世界の国々の本を買ってあげて
すごい食い付きで読んでいることを書きました。



そして今、もうこの状態(笑)▼

3922D4E9-41C4-4378-9918-276C059A7BB1

それだけ読んでくれているということですよね(^^)

今回はまた新しく買ってあげたものがあるので
それについて書きたいと思います。


ご褒美に買ったもの。


まだまだ世界についての熱は冷めず、
毎日どんどん覚えていっている息子。

そして最近、ネットでできる首都のクイズも
ついに200問全問正解できたので、
ご褒美にこれを買ってあげました〜!!

70A8ED75-0569-450A-A1EA-385B24ABF705

そう、地球儀。

世界地図ではイマイチ“地球は丸い”というのが
理解できていなかったので、
いつかは買ってあげたいなと思っていました。


20cmの小さめタイプと迷ったのですが、
大きい方が見やすいかな?と思ったので30cmにしました。

息子の大好きな国旗付き!

DB70CC15-3EED-4568-BEE2-FCC8876F6AED

大喜びで、毎日眺めています♪


おわりに。


今買っておけば、今後 娘も使えるし、
長く大切に使ってもらえたら嬉しいです。

世界だけではなく、次は自分が住んでいる
日本のことももっと興味を持ってほしいので
また色々考えてみようと思います(^^)

*こなつ*

DCC88080-13C1-4A8B-8BE5-A8580485F6EF

数字が大好きな5歳(年長)の息子。

それが最近、興味が数字から世界へと移り、
ずっと世界地図や国旗・首都を眺めています。

一応毎日計算ドリルはしているので
数字が嫌いになった訳ではなさそうですが(笑)

計算熱はスッカリ冷めた感じです(^^;)




早速新しい学び。


先日のお買い物マラソンで購入したコレ。
早速届いたので息子に渡してみました▼

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の国々 講談社ポケット百科シリーズ / 講談社 【図鑑】
価格:1430円(税込、送料別) (2020/5/19時点)



やはり、ものすごい食い付きでした(笑)

F0882440-C4C0-492A-898A-CC4C8C7E0BAA

1ページずつじっくり読んでいました(^^)

国旗はほとんど暗記している息子。

「ジョージアの国旗違うよ、これグルジアだよ!」
と言われて何のことかと調べてみると、
“グルジア”とはジョージアの古い呼び方でした。
(日本では2015年に呼び方が変わったそうです。)

まだ比較的新しい変化なので、息子が覚えた
ものは2015年以前のものだったのでしょう。
早速 学びがあって良かったです!


勉強しなきゃいけないことはたくさんある。


あと先日「スコットランドってどこ?」
と聞かれたのですが、確かに聞いたことあるのに
世界地図には載っていない。

一緒に調べてみて、普段イギリスと呼んでいる国は
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国であり
“イングランド”と“スコットランド”と
“北アイルランド”と“ヴェールズ”からなる
連合王国であると学びました。(私も…汗)

国旗も重なってイギリスになっているんですね。

3BD1943A-2AE1-44E8-BB84-E0DC071FFCA1
※引用元:イギリスの国旗 - Wikipedia

私は いい歳して知らないなんて
情けない話なのですが(^^;)

一概に世界地図を覚えると言っても、
どこかの国の領土で独立国ではない場所とか
どこの領土でも無いけれど
独立していない島とかもあったりして、
たくさん勉強しなきゃいけないことがありますね。

私も一緒に頑張ります!

79F8EB62-F390-4F89-9031-C38DC25AEA7A
▲我が家のお風呂です。
一応インド式かけ算も買いましたが、まだあまり覚えていない様子。
とにかく入浴中も世界地図に釘付けです(笑)





今後やらせたいこと。


小さいこどもって、興味さえ持てば
面白いくらいスポンジのように吸収して
覚えも早くてビックリしますよね。

今は世界がブームな息子ですが、
次は何に興味を持つかな!?

ある程度は親が興味の幅を広げてあげる
ことが必要かな?と思っているので、
今後もあれこれやらせてみようと思っています。

今考えているのは、
実家で使っていない古いパソコンがあるので
それを息子に与えてみようかなと。


ExcelやWordを好きに触らせて、
ちょこちょこ教えてあげたりしつつ
興味を持てば本格的にタイピングを
やらせてみようかな〜なんて思っています。

子どもって、無限大!!
こうやって学んだことが少しでも
将来の役に立ったらいいですね。

*こなつ*



A4998008-1DBC-4217-95D6-442A05D9291B

今日は5歳の息子のお話です。
息子は、とても数字が好き。

それだけなら良いのですが、
社会性の発達面で不安な点もあるので
数字に異様に興味を示すことが
発達障害と関連があるかもしれないという
気持ちはあり、今は見守っているところです。
(関連記事… 【発達グレー】社会性が低い息子の為に始めた3つのこと。)

集中して絵本を読んでいるなぁと思いきや
ひたすら文字数を数えているだけだったり、

お菓子やフルーツを切ってお皿に入れて与えると
必ず「18個入ってた!」など報告してくれたり…

とにかく何でもすぐに〝数〟を数える子です。

これが異常なのかどうかは私には分かりません。
ただ自分自身はそういった子どもではなかったので
少し不思議な感覚ではあります。


息子の最近のブーム。


少しでも時間があると、電卓を触ります。

5歳の誕生日プレゼントの電子辞書に
電卓機能があったみたい▼


視力低下の心配もあるので
長時間の使用は控えたいのですが、
計算が面白くて面白くて仕方がないそうです…

同じ電子辞書に国旗クイズもあって、
国旗も着々と暗記しています。
私が聞いたこともないような国の国旗も
たくさん覚えているみたいです(^^;)

計算問題も「早く問題書いて!」と言われるので
せっせと書き続けていますが…
息子にとっては、クイズ感覚?なのか
とても楽しいそうです。

7B0F9104-F580-4FB6-8FCD-85E4AD05F5D9

今は小2算数レベル。
それ以上はまだ早すぎるので教えていません。


新しく買ったもの。


そんな息子にとっておきのプレゼント!


もしかするとまだ難しいかもしれないけれど
必死に読む姿が目に浮かびます(笑)

まだ届いていないのですが、楽しみです。


次に欲しいもの。


今少し気になっているのが、そろばん。
これだけ数字が好きならきっと
そろばんにも興味を示してくれるはず。

プラスチック製のものなら、とても安価。
試しに購入してみようかな…▼




おわりに。


発達障害との関連はともかく、
大好きな数字や計算をもっとやらせてあげたいし
個性として伸ばしてあげたいと思っています。

将来、何かにつまづいた時に
取り柄として何かの役に立つかもしれない。

将来、思い悩んだ時に
数字の世界が癒しになるかもしれない。

まだまだ親として未熟ですが
私にできることは精一杯やってあげたいです。

*こなつ*

3EFEE8E5-2ACB-4A0D-9C71-815AB80A0825

こどもちゃれんじを始めて約半年。

毎月届くのを楽しみにしていて、
飽きずに取り組んでくれています。

テキスト多めの思考力特化コースを選びましたが
それでもどんどん進めて終わらせてしまうので、
それが終わった後は100均でねだられた
漢字ドリルを楽しそうにやっています(^^;)

今日は家庭学習について、
私の思うことを書いてみようと思います。

B01F88C6-AABE-49C1-B9B6-A220943660DB


家でも勉強する習慣付け。


勉強好きで頑張ってくれている息子ですが、
まだ5歳になったばかりの年中さん。

まだそこまで勉強させる意味もないと思うし
今覚えたことがずっと記憶に残るとも思えません。

今はまだ〝新しいことを覚えるのは楽しい!〟
と思ってもらえれば十分だと思っているので、
私にとっては〝勉強の内容〟は さほど重要ではなく
〝机に向かう習慣付け〟という意味合いが大きいです。


息子は特に発達面において心配なところがあるので
なるべく早く習慣付けておきたいなと思っていて。

周りでも「園や学校では机に向かえるけれど、
家に帰ってくるとどうしてもダラけてしまい宿題
に取り掛かることができない」
という話も聞き…

やっぱり早くから〝家でも勉強する〟という
習慣付けが大切なのかなと思いました。

その時にこどもちゃれんじの家庭学習は
年齢に合ったテキストで、内容も楽しく分かりやすい。
中には「簡単すぎる?」と思う問題もあるけれど
〝自分はできる!〟という自己肯定感を
身に付ける為にはそれくらいがちょうど良い

のかなと思います。

実際に息子も花マルをもらうと凄く喜びます(^^)
このひとつひとつが彼の自信に繋がると信じています。



「こどもちゃれんじ」詳しくはコチラ。


外で習うよりコスパが良い。


息子もお勉強系の習い事をひとつしていますが、
週に1回1時間で約1万円。

こどもちゃれんじは
12ヶ月分一括払いの場合 月々1,980円。
(毎月払いの場合は月々2,379円)

それを考えるとかなりのコスパの良さ。

外での習い事は、家にはない教材を使ったり
プロの指導の元でやる勉強なのでそれはそれで大切。

しかし今後お金の面で厳しくなってくれば
家庭学習のみに絞ってもいいかなと思っています。


おわりに。


こどもちゃれんじには、テキストだけでなく
カードゲームや かるた、すごろく、
言葉の名前を言い合うようなゲームなど
親が付き合ってあげなきゃいけないものも多く
共働き家庭など時間が取れない場合は難しいかもしれません。

しかしある程度時間の取れる家庭であれば、
確かに少し親の負担は増えるけれど、
子どもとのコミュニケーションにもなるし
楽しく学ぶという意味では最適
だと思います。

勉強に限ったことではないですが、
小さい頃からの習慣はすごく大切だと思うので
これからも意識していきたいなと思います。

*こなつ*




.

E2B823A6-4F4E-4888-B4A8-4C901B6005F7

最初に…
5歳の息子は発達グレーゾーンです。

何度も相談に通いましたが、
はっきり診断されたことはなく
「発達に問題があるのか、性格や個性なのか
まだ判断できない」と言われています。


過去に色々書いています▼



今回は、息子の2歳当時の様子と
現在の2歳の娘の様子の違いについて
書いてみようと思います。


※私は専門家ではないので、
発達障がいについての知識は素人です。
この記事はあくまで私の体験談・感想ですので
誤解のないようお願いいたします。



未就園児の会に参加。


息子の発達に初めて不安を覚えたのは
ちょうど今の娘と同じ月。

幼稚園のプレ教室に通い始めた頃。

周りの子どもたちとの違いに絶望して、
号泣しながら帰宅した妊娠初期のあの日…。

今でも忘れられません。

だからこそ、今の娘が同年代の子と集まると
どんな感じなのか すごく気になったので、
先日、未就園児の会に参加してみました。

娘も決して落ち着いてはいないです。
1歳半の時点で発語が少なく指さしも
できず不安な日々もありましたし、
やんちゃな兄の影響でかなりおてんばです。

でも息子と娘にはやっぱり違いがありました。


息子と娘の違い。


このようなイベントに参加するのは初めての娘。
最初は初めての雰囲気に緊張した様子でしたが
徐々に慣れてきて本領発揮…(笑)
鬼ごっこの時間になると、
先生を追いかけ回していました(;´Д`A

しかし、息子の時と大きく違うのは


先生を追いかけ回しつつも
時々振り返って私の姿を確認する。



息子にはこれが無かった…

ただ興味のある方向に一目散に走ってしまい
周りが見えてなくて、私の存在なんて忘れて…

遊びの時間が終わっても走り続けて
私が捕まえるまで止まらないし、
止めようとすると暴れるし…
かなりキツイ妊婦生活でした(汗)

それが 娘はちゃんと「鬼ごっこ」を理解している。
ちゃんと目的が分かって「遊んでいる」。


遊具の順番も守れるし、
とにかく安心してゆっくり見ていられました。


意思疎通がとれている。


あまりイベントには参加しない私ですが…
今回参加してみて、娘となら楽しめると確信しました。

息子には感じられなかった〝言葉が通じてる感〟

娘とはしっかり意思疎通がとれています。

とは言え、まだ娘もこれから
どんな風に育っていくのか分からないし、
何も問題がないとも言えないのですが…
とりあえず今の段階では大丈夫そうだったので
これからは色々参加してみたいです。

また何かあれば記事にしようと思います。
お読みいただきありがとうございました。


*こなつ*

息子の違和感。


我が家は発達グレーゾーンの息子がいます。

もうすぐ5歳になりますが、
まだまだ幼く、安心して見守れません。

親として色々なことを試してきたし、
それなりに厳しく躾をしてきたつもり。

確かに、昨年に比べると別人のように
色々とできることは増えましたが…

それでも何故か息子だけ浮いているような
他の子とは違う、違和感。


発達相談にも何度も通ったし、
担任の先生にも習い事の先生にも
何度も何度も相談したけれど…

「息子さん頑張ってますよ〜」
「お母さん気にしすぎですよ!」
「色々経験して学んでいくんですよ」
「息子さんのペースで成長してます!」
「その都度 声をかけて見守っていきましょう」


このような言葉ばかりで、
結局、私が感じている違和感は伝わらず、
もちろん療育にも通うことができず、

私は「息子に期待しすぎな過保護で
厳しい親」として見られているのか…?
なんて思うこともあったり。


発達チェックリスト。


何かもっとできることがある気がして
ネットでよくある発達チェックリストを
やってみました。

身の回りのことは自分でできているし、
睡眠・食事・排泄も問題なし。

特別なこだわりもなく、
お手伝いもやってくれるし、
忘れ物をすることもなくなったし、
朝言われたことを夕方ちゃんとやったり、
勉強も集中して取り組めています。

しかし…


息子に足りないのは、社会性。

・輪の中で1人だけ声が大きい。
・聞いてほしい時、相手に近付きすぎる。
・自分と関係ない話題にも入りたがる。
・自分の言い分を押し通そうとする。
・自己主張が強すぎてすぐ喧嘩になる。


項目だけを見ていると、
当てはまるような、違うような…
そうじゃない時もあるけれど、
こういう傾向が強いことは確かだなと。

「ルールを守って皆で仲良く」が難しい。
なのにお友達のことは大好きだから
わざとちょっかいを出したり。


最近始めた3つのこと。


そんな息子の為に最近始めたこと。

①家を出る前にお約束する。

その日に起こることを想定して、
先にお約束をするようにしています。

「仲良くしようね」など抽象的な
言葉だと伝わりにくいので、具体的に。


「今日は赤ちゃんがいるから
なるべく小さな声で話そうね。」
「自分の話ばかりじゃなく、○○くんにも
“どう思う?”って聞いてみようね。」など。


②しっかり褒める。

約束が守れたら、「ちゃんとできたね!
ママ嬉しい!」と大袈裟に褒めます。

息子のようなタイプは本当に常に怒られて
褒められる経験が極端に少ないので、
自己肯定感が低い子が多いそうです。


“どうせまた怒られるし”
“なんで僕ばっかり”


という気持ちが余計に悪さに繋がるので
最近は褒める要素が少なくても無理やり
作って褒めるようにしています。


③どうすれば良いか具体的に提案する。

ただ「ダメ!」ばかりではなく、
「じゃあ こうすればいいんじゃない?」
と具体的に提案するようにしています。

その経験を積んで「こういう時は、
こうするんだ」と覚えて自分で対応できる
ようになってくれれば
、と願いを込めて。


おわりに。


親としてはトラブルを避けたいので
なるべく人と関わらないようにして
ほしいのですが、息子は人が大好きで
すぐに話しかけて友達になります。

幼稚園に行くと「○○く〜ん!」と
沢山お友達が声を掛けてくれるので、
嬉しい反面、何か迷惑をかけていないか
心配になってしまいます。

でも人を避けていても息子は成長しない。
自分が苦手なことをキチンと理解して、
相手の気持ちを考えることを覚えてほしい。


将来困ることのないように、親として
今できることを精一杯やりたいと思います。


*こなつ*