*こなつ日和*

子育て真っ最中でもシンプルに快適に暮らすミニマリスト主婦のブログです。

カテゴリ: 子どもの発達

発達のこと。


息子の発達に関して、前回からの続きを
記録として残したいと思います。

※ご興味のない方 申し訳ございません。


息子の発達に関する過去記事はコチラ。



担任の先生に伺ってみました。


発達に関して気になることを書いた
お手紙を渡してから、先生に息子を
注意深く観察していただいて、
日頃の様子をお伺いしました。

・集中力のなさ。
お勉強系のプリントの授業は
好きだから集中してやるけれど、
苦手な工作だと、手が止まっていたり
ぼーっとしていることがあるそうです。

・周りよりワンテンポ遅い。
遅いのは遅いけれど、周りを見て
付いていこうと頑張っていて
“自分でやろう”という姿勢は見られるとのこと。

・片付けに関して。
お道具箱の中を整理して「ほら見て!」
と先生に言いに行くことがあるんだとか。
おもちゃの片付けも積極的らしいです。

・友達とのコミュニケーション。
喧嘩はたまにするけれど、特に喧嘩っ早い
ということもなく、ちゃんと輪の中に入って
遊んでいるし、仲の良いお友達も居て、
楽しそうに過ごしているとのことでした。

・1番へのこだわり。
家では1番になれないと泣くという
話をすると、先生が大変驚かれて…
幼稚園では競争心が全くないらしく、
もう少し1番になろうという気持ちが
あっても良いくらいだと言われました(笑)

・集団行動ができない。
息子1人での話ではないらしいですが…
数人のお友達とお喋りに夢中になってしまい
教室に戻るのが遅れて、みんなを待たせて
しまうことがあるそうです。
「みんなが待ってるから急がなきゃ」と
気付くことができず、目の前にお友達がいる
から大丈夫だと思ってしまっているみたい。
でも注意すると「あっ、しまった」という
表情をするので、“自分がみんなを待たせて
しまったんだ” という認識はあるようです。
息子が1人だけで違う行動をしていることは
ないとのことでした。


私が感じる他の子との違い。


以上のお話をされたあと、
「出来ないことがあるのは◯◯くんだけでなく
他の子もよくあることです」と先生。

ただ、全体的に見て、

「心が幼い」ように見えます、と。

その一言を聞いて、「あ〜確かに。」
って妙に納得してしまいました。

息子にぴったりの言葉。
私が感じる「他の子との違い」
そうです、精神的に幼いんです。


心理士さんとの面談。


保健センターにて心理士さんと
個人面談をしました。

最初の30分で知能を調べるテストを
やったのですが、問題なくクリア。
5歳以上向けの計算もできていました。

しかし、「次は!?次の問題は!?」
と前のめりになって、落ち着けない。

でも30分間一応座ったまま質問に
答えたり やりとりできたので 激しい
多動は見られないとのことでした。


幼稚園と連携を取っていく。


そして、色々伺ってみました。

集中が途切れたりワンテンポ遅い時は、
担任の先生にその都度「◯◯くんは
出来たかな?」と一声かけてもらって
それで頑張って付いてこられるなら、
就学までは問題がないでしょう
と言われました。

集団行動ではみ出てしまったり、
うまくコミュニケーションが取れなかったり
することについては、その都度 注意されて
覚えていくしかない
とのことでした。

保健センターからも幼稚園へ電話してもらい
息子に対するその都度の声かけなど連携を
取って見守ってもらうことに決まりました。


グレーゾーン。


「心が幼い」ということに関しては、
確かに精神面が少し追いついていない
感じは見受けられるとのこと。

ただそれが園生活に支障をきたすほど
大きな問題に繋がっていないのなら、
今はまだ見守っていけばいいそうです。
ちょっと心配ではありますが。

結局、今の息子が発達障害なのか、
それとも性格・個性の範囲なのか、
まだ判断できない
とのことでした。

しかしそういう傾向はあるので、
これが所謂、グレーゾーンなんだなと。


ペアレントトレーニング。


それから、親の私が注意されたこと。
「お母さん、叱りすぎていませんか?」
はいそうです…
私、口うるさく注意してしまうタイプ。

悪いことを叱るのはもちろん大切ですが
ガミガミ叱りすぎるのは逆効果だそうで…

とにかく、
たくさん褒めてあげてください。


と言われました。

幼稚園からも常々言われていて
頭では分かってはいるんですけどね…
ついつい「ちゃんとしなさい!」って
言ってしまうんですよね…

ちゃんとしない子を褒めるのは
少し難しいですが、探せば良いところも
たくさんあるはずですよね。

まさに、ペアレント(=親)のトレーニング。

これからはたくさん褒めようと思います!!


おわりに。


なんだか頭がごちゃごちゃしていて、
自分でまとめたくて記事にしましたが
まとまりのない記事になってしまいました…

今はとにかく、たくさん褒めて褒めて
先生方にも協力してもらって、
正しいことを教えていくしかないんですよね。

今後また変化があれば、
記録していきたいと思います。
長々とお読みいただきありがとうございました。



*こなつ*

習い事について。


息子が今困っていること。
それは主にこの4つかなと思っています。

・周りよりワンテンポ遅い。
・広い場所だと気が散りやすい。
・やる気がないように見える。
・お友達と仲良くできない。


今日は先に習い事についてを
書いてみようと思います。

※ご興味のない方 申し訳ございません。


関連記事




習い事①サッカー


息子は2つ習い事をしています。
1つめはサッカー。

サッカーの日は息子も楽しみにしていて
いつも「早く行きたい」と言うのですが…

私が練習風景を見る限り、
ただなんとなく蹴っているだけというか…
先生が「5回ゴールを決めたら戻る」など
指示を出しているのに息子は全く無視。
笛が鳴るまでマイペースに蹴り続けていました。

他の子はゴールが決まらなかったら
悔しそうにしたり 5回クリアしたら喜んだり
ちゃんとサッカーを頑張っているのに、
息子はぼんやり自分の世界に入っている感じ。

全力で一生懸命やっているようには見えなくて
やる気がないようにさえ見えるんですよね。
サッカーなのに手でボールを触るし、
ルールも理解できていない様子。

待ち時間には、ボールに砂をかけてみたり、
白線を引く用のライン引きを触ってみたり、
他のことに興味が移ってしまっていました。

今はまだ各個人で練習という感じですが、
もう少ししたら試合も始まると思います。
その時にきっと迷惑をかけることになります。

残念ながら人数がとても多いので先生と
個人的なお話をする機会が少ないのですが
帰り際に「いつも団体行動ができずに
ご迷惑をお掛けして申し訳ございません」
と一言だけご挨拶したところ、
「そんなことないですよ〜。
頑張ってくれていますよ。」
と笑顔で返事をしてくださったのですが、
明らかに私に気遣った挨拶という感じで、
先生も色々感じているんだろうなと思いました。


習い事②お勉強系


もう1つの習い事は、少人数で机を囲んで
レッスンするスタイルのお勉強系の教室です。
こちらの先生に相談した時には、
「お友達とのトラブルもなく 1時間きちんと
座って頑張って取り組んでくれています。」
とのお返事をいただき、
周りについて行けていないということもなく
気になる点は何も思い当たらないと言われました。

サッカーと違い少人数で距離も近いので
先生の話が耳に入りやすく、集中が
途切れにくいのかな?と思いました。


発達相談でのこと。


上記のことを踏まえて、習い事について
心理士さんに色々とお話を伺ってみました。

お勉強系の教室は問題ないとして…
サッカーは、本人が楽しんでいるなら
今後も続けてもいいとは思うけれど、
やっぱりチーム制の競技なので
怒られたり 嫌な顔をされることは
この先出てくるだろうとのこと。

気が散ってしまうことや、
自分の世界に入ってしまうことは
やろうと思ってしている訳ではなく
体が勝手にしてしまうようなものなので
何故怒られるのか分からない場合も多い。

だから、試合で足を引っ張ってしまったり
怒られるようなことが増えると自信をなくして
しまったり二次障害が起こる可能性がある
ので
その時は水泳などの個人競技に変えても
いいかもしれませんと言われました。

今は楽しんで通ってくれているので
もう少し様子を見ようと思いますが…
先生や周りの子に迷惑を掛けるのも嫌なので
試合が始まりそのような傾向が見られたら
辞めることも検討したいと思います。


個人競技を視野に。


今回も長くなってしまったので、
習い事のことのみ書きました。

息子は体力はあるのですが、
運動音痴というか、苦手です(-_-;)
男の子だし、何でもいいからスポーツを
1つはやらせたいと思っていました。

協調性を養う為にもサッカーはどうかなと
思いスタートしたのですが、今回お話を
聞いて二次障害が怖いなと思いました。

今後は水泳や武道など個人競技の習い事も
視野に入れてみようと思います。
たまに夫がゴルフを教えているのですが、
ゴルフも興味を持てばやらせたいです。

次回は、息子のこれからのことを
まとめてみようと思います。

長々とお読みいただきありがとうございました。


*こなつ*

1ヶ月後の変化。


娘と同様に、
「子供の発達には食事が関係している
かもしれない」と情報をいただいてから、
鉄分・たんぱく質を多く摂取させるべく
色々工夫してきました。


メッセージで「栄養はあくまで補助であり
早めに関係機関に相談するべき」との
ごもっともなご意見もいただき、
ハッと目が覚め、担任の先生や保健センター
への相談など、動き出すことができました。

とても長くなってしまいそうなので、
先生や保健センターのことは追って
書いていくとして…

今回は、現在の息子の様子を
自分の記録として書こうと思います。

※ご興味のない方 申し訳ございません。


関連記事




息子の変化。


・曜日が分かってきた。

◯曜日は何の日だっけ?と私が言うと
「あ、サッカーの日だ!これ入れなきゃ!」
と事前に用意するようになりました。

「じゃあ明日は◯◯の日だね!」など
予定を把握できるようになってきました。

・着替えがスムーズになった。

着替えも最近は嫌がるどころか
自ら進んでやり、脱いだ服も綺麗に
畳んで洗濯カゴへ入れてくれるように。

それに加えて娘の着替えも手伝って
くれるようになり…もう母は大感激です。

・集中力がでてきた?

夫との約束「毎日自分で絵本を一冊読む」
というのをしっかり実行しています。

(「◯◯は、」の読み方が「わ」になるのと
普通に「は」と読む所の違いが難しいみたい)
妹に邪魔されても集中して最後まで読む
ことができているので少し成長しました。

・1番への執着がなくなった?

あと、1番へのこだわりが強いと思っていた
のですが…先日お友達との様子を見ていて、
お友達が「僕1番〜!」「僕2番〜!」と
言ったので、“あーーこれまた癇癪起こすわ。
止めに入らなきゃ。”と思った瞬間、
「僕3番〜!」と笑顔で言ったんです。
びっくりしました。妹に負けるのが
悔しいだけだったのかな…(;´Д`A

▼まだ完全にしなくなったのかは微妙ですが
この1ヶ月でまだしていないこと。

・忘れ物がなくなった。

・食事中にふいに席を立つことがなくなった。

・靴を反対に履くのがなくなった。

・知らない人に話しかけなくなった。



引き続き心配なこと。


今の息子が困っていること、
できないことは何だろうと考えると、

・周りよりワンテンポ遅い。
・広い場所だと気が散りやすい。
・やる気がないように見える。
・お友達と仲良くできない。


この辺については
次回記録したいと思いますm(._.)m


*こなつ*

1ヶ月後の変化。


1歳半健診から1ヶ月が経過しました。

その時には指さしもできず、
言葉(名詞)も1つしか出ていなかった娘。

「子供の発達には食事が関係している
かもしれない」と情報をいただいてから、
娘にも 鉄分・たんぱく質を多く摂取
させるべく、色々工夫してきました。


それに加えて絵本を読む回数を増やしたり
できるだけ「◯◯だね〜」と話しかける
回数も増やすように気を付けてきました。

そんな1ヶ月後の、娘の現在の様子を
記録として書いてみようと思います。

※ご興味のない方 申し訳ございません。


関連記事




肉食女子になった。


まず、食事内容を見直してから
かなりの肉食女子になりました(笑)

本当にお肉が大好きになったようで、
私の分まで取ろうとするほど(^^;)

魚は苦手ですが、鶏・豚・牛は何でもOK。
娘の分は味付け前に取り分けています。
まだ奥歯が生えていないのに歯茎で
むにゃむにゃ噛んで食べています。

ちなみに、週1回のレバーも大好きになり
モリモリ食べてくれます(笑)

米も野菜も、そしてミルクも…バランス良く
摂取できているんじゃないかなと思います。


成長したこと。


そして、肝心の発達面ですが…
少し成長が見られたので、記録します。

◆喉が乾いたら「チャ」とマグを指さす。

最近暑くて喉が乾くようになったので
自分から言うようになったんだと思います。

◆いないいないばぁのわんわんを見ると
指さして「わんわん!」と言う。


しかし、動物の犬を見ても何も言いません。
娘にとっての“わんわん”は、いないいないばぁ
の“わんわん”なんだと思います(^^;)

◆アンパンマンを見ると「アンパン!」と言う。

実際はこんなハッキリではなく、
アープァ!みたいな感じです(笑)

◆人参を見ると「んーじ!」と言う。

↑前から言えていた「パパ」と合わせると一応
名詞を3つ以上クリアできたことになります。

◆夫が朝 出勤する時など、
「わいわ〜い(バイバイ)」と手を振る。

◆「ブーブー」「クック」の指さしをクリア。

◆チューリップの歌を私が歌うと揺れながら
「咲いた〜」の「た〜」など語尾だけ歌う。

◆絵本のタイトルを言うとそれを持ってくる。

◆もう1回してほしい時、指を「1」にする。



まだ食事を見直してたったの1ヶ月なので
そんな早く効果が出るはずはないのですが…
少し言葉が増えたので親としては嬉しく、
栄養と精神面の繋がりを完全に否定は
できないなと思わされました。


しかしながら、
未だに私のことを「ママ」とは言わないし
兄のことを「じじ」と言ったり、
意味不明なことも多いです(;´Д`A

↑の言えていることも、気が乗らなければ
プイッとして言わないこともありますし、
指さしもたまに間違います。

二人目なので毎日私と息子の会話を
間近で聞いている訳だし、女の子は
男の子よりもお喋りが早いというのに。

早い子だともう二語文を話すんだとか…
ありえません…(;´Д`A
他の子と比べても仕方ないんですけどね。

まだまだ追いついていない娘ですが
健診では「再検査」を言われた訳ではないし
もう少し様子見ということで…
気長に見守っていこうと思います。



*こなつ*

発達障害は食事でよくなる?


読みました!!
あまり頭の良くない私は書評とか
うまく書けませんが…

E3444DD8-EA43-4CCA-A64E-7830212C3881



読んでみて、私が改善しようと思った
ことをまとめてみたいと思います。


栄養バランスの割合。


今まで息子の食事の内容は
米や麺:野菜:肉や魚
5:4:1

でした。

それを今後は、せめて
米や麺:野菜:肉や魚
3:3:4

まで改善しようかなと思っています。

極端なことはできそうもないので、
バランスを見ながら少しずつ進めていきます。


やっぱり、レバー!


とは言え、肉・魚・卵嫌いの息子に
食べさせるのは大変なのですが…

とりあえず、単純な私は
早速レバーを作ってみました。

FA8FE39E-BF81-4EE3-ABF6-F398C8041869

昔、お惣菜で食べたことはあったのですが
自分で作るのは初めて。血抜きが大変だった
けど、めちゃめちゃ美味しくて感激…!!

息子は3切れ、娘はタレを取って1切れ
だけですが食べてくれました。

鉄分を含む食べ物の中で、
納豆や小松菜や海苔は頻繁に食べていますが
やはり吸収率が低いので、効率的に摂るには
少量でもレバーを食べる方がいいのかな。



兎にも角にもたんぱく質。


本にもたんぱく質をたくさん摂ることの
重要性が書かれているので、とにかく
そこをまず改善していこうと思っています。

例えば、今までの息子の朝食だと
ほぼ炭水化物と野菜のみで、
無理やり卵焼き1切れを食べさせて
たんぱく質を摂取させていたのですが、

トーストにハムやチーズを乗せたり、
毎朝納豆1パックを食べる習慣をつけたり、

たんぱく質をもっと摂れる工夫をしていきます。

牛肉を食べない我が家ですが…
赤身の牛肉はたんぱく質も鉄分も同時に
摂取できるので、これからは積極的に
料理に使っていきたいです。


娘の対策。


それから…
アトピー気味で、便秘がちな娘。
いきなりたくさんのたんぱく質を食べさせても
未熟な胃腸で分解できずにまたアトピーの症状
が悪化するような気がする
ので、苦肉の策で
粉ミルクを1日1回だけ始めることにしました。
(偏食気味なので栄養を補う意味でも)

というのも、全然水分を摂ってくれないので
それも便秘のひとつの原因かな?と思って…
アトピーの人は胃腸が弱く便秘や下痢を繰り返す
人がとても多いと聞いたことがあります。
赤ちゃん用の粉ミルクならお茶と違って
飲みやすいからたくさん飲んでくれそうです。
(私はフォローアップミルクや牛乳には疑問点が
あるので、飲ませるつもりはありません)

もちろん、せっかく母乳をやめてご飯も
食べてくれるようになったので、またミルク
に戻ってしまわないように加減して与えます。
それでもしアトピー&便秘が悪化するよう
なら飲ませるのはやめようと思います。


鉄たまご。


ひつじ様がわざわざTwitterを介して
私に伝わるよう呼びかけて下さって、
鉄製のフライパンや鉄たまごという商品で
鉄分補給ができると教えていただきました。




食事を変えなくても、調理器具から
自然に溶け出した鉄分を摂取することが
できるので子供にはいいかもしれませんね。

鉄のフライパンはちょっとハードルが高いので
まずは鉄たまごを購入し、毎日のお茶や
お味噌汁、煮物に使ってみようと思います。

子供がまだ小さいうちに気付くことができて
良かったと思い、私にできることを精一杯
してあげようと思います。
「LITALICO発達ナビ」というコミュニティ
サイトも活用させて頂きます!
ひつじ様、本当にありがとうございました!

▼ひつじ様のブログ
腹黒ひつじの汚うち脱却ブログ


具体策まとめ。


ということで、
ズボラな私が実践できることをまとめると

・週に1回レバーを作る。
・毎日、納豆1人1パック。
・牛肉も積極的に取り入れる。
・娘は粉ミルクも活用。
・鉄たまごを使って鉄分補給。


とりあえずは食生活を改善することから
スタートして、サプリメントには頼らずに
できることからやってみようと思います。

どんな効果があるか分かりませんが、
試してみる価値はじゅうぶんありますよね!


おわりに。


本当に心から思うのは、
ブログをしていて良かったということ。

ミニマリストとしてブログを書かせて
頂いているので、子供の発達のことを
書くのは…と思ったこともあるのですが
こうやって貴重な情報を得ることができ
子供たちの人生を左右することも有り得る
ので、本当に有難いことだなと思います。

少しでも子供たちの発達に改善がみられる
ように私にできる限りの事をしようと思います。


関連記事



先日、4歳の息子の発達のことを
記事にしたのですが、心優しい方から
ありがたいコメントをいただきました。

4ED1AC7E-DF10-4F42-8A39-456DB25842E8

精神科医の藤川徳美先生、
私は存じ上げておりませんでした。
すみません。

高たんぱく質、低糖質、鉄分…
心当たりが多すぎてハッとしました。

まず、息子は肉・魚・卵が大嫌いです。
たんぱく質の摂取量が少ないことは
私も分かっていましたが、嫌いなものを
食べさせるのはなかなか難しくて…
私が料理下手だから余計に…

それでも甘めの味付けにすれば
なんとか食べてくれることが多いので
我が家、本当に砂糖をよく使います。
(白砂糖が良くないというのを聞いてから
てんさい糖を使っていますが)

それに、前にもチラッと書きましたが
息子は粉ものが大好き。
さつまいも、かぼちゃ、バナナ…
息子が好きな物は、糖質を多く含む
ものばかり
なんですよね(;´Д`A

野菜は割と何でも食べてくれますが
息子が好きで鉄分の含まれる野菜は
小松菜くらいですかね…
でも非ヘム鉄は吸収が悪いんですよね。

吸収の良いヘム鉄といえば
ひじき、レバー、赤身のお肉など。
どれも息子は食べません。
やっぱり息子は、肉をしっかり
食べなきゃいけないんだ!!

…って、息子のことばかり書きましたが
元はと言えば私が妊娠中・授乳中の食事で
しっかり高たんぱく質、鉄分を摂れて
いなかったことが原因だと思います。

私も肉があまり好きではないし、
若い頃からずっと貧血でした。

“キレやすい子はカルシウム不足”なんて
言われるように、精神面と食事は
密接に繋がっているのかも
しれません。

娘も息子も私も、食事を変えれば
何か変化がありそうです。


ということで、とにかく内容を読みたくて
早速注文し、届きました!!

E3444DD8-EA43-4CCA-A64E-7830212C3881



GW中でなかなかゆっくり読めないのですが
しっかり読んで勉強しようと思います。

娘のアトピー疑惑に、
子供たちの発達の遅れ…
どれも食事が関係している気がしてなりません。

これを機に、栄養学について
自分なりに学んでいきたいと思います。

気付かせてくださった つきの様、
本当にありがとうございました!!


関連記事


息子のこと。


先日、1歳半の娘の発達に関することを
記事にしました。

今日は上の息子のことを書きたいと思います。


関連記事




心配なこと。


①一方的に話す&空気が読めない。
他の人が話しているところに入っていって
関係ないことをいきなり話してみたり、
自分が分からない内容の話だと
「ねぇ静かにして、僕の話を聞いて!」
と大きな声を出したりしてしまいます。
失礼なことも、家のプライベートなことも
何でも口に出すので変なこと言わないか
いつもヒヤヒヤしています。

②知らない人でも平気で話かける。
いつも元気いっぱい笑顔いっぱい。
通りすがりの人に「雨降ってきたから
気を付けてね!」と言ったりします。
良く言えば人懐っこいのですが、
何のためらいもなく話しかけるので
将来1人で行動するようになったら
変な人について行かないか心配です。

③集中力がない、注意力散漫。
これはもうずっと健診でも指摘されてきたこと。
集中力がなくて気が散りやすいんです。
1つのことに集中している時間って
ほとんどないかもしれない。
授業中席を立ったり違うことをする
ことは無いそうですが。

③忘れ物が多い。
これは本当に困っていて…
ほぼ毎日何かしらを幼稚園に忘れてきます。
ハンカチだったり、コップだったり。
家から出る時は私が全て用意しています。
本当はやらせるべきだとは思うのですが、
全くそこまでのレベルに達していません。
年中になったので、そろそろ本格的に
練習しなきゃな…(仕組みを考え中)

④1番にこだわる。
これは最近みられるようになったのですが
やたらと1番じゃなきゃ嫌だと言います。
それなら頑張ってくれればいいのですが
頑張らないので負けて悔し泣きしています。
娘との競争に勝たせてあげようと
わざと調整するのですが、それでも
ふざけたりのんびりしているので
ちょっと娘を早くさせると、娘に怒り、
諦めて、拗ねて、ふてくされて…
頑張れば勝てる競争しかしていないのに。
私も毎回調整するのに疲れてきました。

⑤靴を左右反対に履く。
これも何度言っても分からないようで…
根気よく言い続けるしかないのかな。
(濃い色の靴なのでマークがつけられない)

⑥物をぶつけ合う遊びが好き。
破壊的な遊びが好きなのか、
戦隊モノの影響なのか、
車同士をぶつけて戦わせて遊んだりします。
たまに「これどうやって外したの!?」
という部分が外れたり壊れたりします…
「そんな遊びしてると壊れて捨てなきゃ
いけなくなるよ。優しく遊んでね。」と
言えば「うるさい!」と反抗して泣きます。

⑦姿勢が悪い。
これは年少の時に先生に指摘されたこと。
最初はシャキッと座れていても
だんだんデレーっとしてしまいます。
周りの子は授業中ずっとピシッと背筋が
伸びていて本当に凄いなと思います。

⑧食事中に席を離れることが増えた。
幼稚園ではなく家での話ですが、
あまり好きじゃないメニューだと特に
席を離れてしまいます。注意すると
すぐに戻るのですが、ふら〜っと
吸い込まれるように行ってしまいます。

⑨お友達とすぐ喧嘩になる。
意地悪を言われると言い返せず、
すぐ手が出てしまいます。
意地悪でなくても「◯◯くんは僕より背が
低いよね」と、4月生まれの大きい子に
言われただけでカッとなり手が出ます。
あとは戦いごっこをするつもりが
エスカレートして殴り合ってしまったり…

⑩行動が他の子よりワンテンポ遅い。
常にぼーっとしているので、指示があっても
すぐに動けず周りの動きを見て「あれ?」
と気付いて動き出す感じです。
先生の質問に対して、周りが一斉に手を
挙げている中で息子だけポカンとしています。


おわりに。


何て言うか…
いつも息子の行動にヒヤヒヤしている
自分がいます。何をするか分からない。
参観日やお友達と遊ぶ時など
心の中でいつも「何事もなく無事に
終わりますように」と祈っています。
今まで息子のイベントや遊びで何も
気にせず思いっきり楽しめたことは
ないかもしれません。

基本的に幼稚園ではついていけていない子
と見なされているだろうし、
1人で出来ないこともまだまだ多い。
他の子に比べて、かなり幼く見えます。

先生に色々相談したいところですが、
マンモス幼稚園なので先生も息子1人に
構っていられないと思うし、保育園とは
違って連絡帳に様子を書いてくれるシステム
も無いので、年に2回の懇談会でしか先生
から息子の様子を伺える機会がありません。

息子なりには凄く成長しているし
私が気付かなかったことに気付いてくれたり
妹に優しくしてくれたり
私が大変な時に協力してくれたり
良いところもたくさんあります!!

今回のことが直接 発達の問題に繋がるのか
それはまだ分かりませんが、
また6月に発達相談があるので
その時にしっかり聞いてみようと思います。


*こなつ*

1歳半健診。


先日娘の1歳半健診がありました。
今日はそのことを記録させてください。

1歳半健診と言えば、
「指さしできるか」のチェックで有名ですよね。

息子の時にもあったので知っていましたが
あえて娘には練習させずに挑みました。

はい。
見事に惨敗しました(笑)

一応指はさすものの、違ったものばかり。
保健師さんの問いに答えているという
感じは一切なく、自分の興味のあるもの
を指さしているだけ、という感じでした。


もうひとつの問題。


そしてもうひとつ問題は、発語が少ないこと。

娘にみられる発語は「パパ」だけ。
私が「ワンワンいるね〜」と言うと
指さして「ワンワン」とは言いますが
自発的に犬を見て「ワンワン」と
言うことは無いです。

「パパ」は、帰宅した時や
電話が掛かってきた時など、
(ハンズフリーにしているので)
自ら「パパ!」と言うので
分かっているのだと思います。


発語は発語でも…


その他「どうぞ」「痛い」「イヤ」など
色々おしゃべりが増えてきてはいます。
しかし、そうではなく…

“名詞”を3つ言えないと発達検査として
クリアしたとは言えないそうです。


犬を見て「ワンワン」
車を見て「ブーブー」
ごはんを見て「マンマ」など、
ひとつのものに対して ひとつの言葉を
言えることがポイント
だそうです。

二人目なのに、知りませんでした(^^;)

まだ1歳半だし、分からないけれど
やっぱり気持ちが沈みました。


要観察です。


正直、二人目だし、女の子だし、
言葉の遅れの心配なんて無いだろうって
思って今まで過ごしてきました。

「出かけるよ」って言えば靴下を取ってきたり
息子の時より“話が通じてる感”はあったので
余計に安心していた
部分はあります。

でも、昔の動画を見ていると
明らかに息子の1歳半の時の方が発語が多い。
(息子も色々と心配や問題があり発達相談に
何度も通いました。まだ現在進行中です。)

息子の時と違うのは、健診中
大人しく横に座っていてくれたので
その点はかなり楽でしたけどね(笑)

しばらく家でも観察してみて、
気になれば次回相談してみようと思います。
お読みいただき有難うございました。


*こなつ*