*こなつ日和*

子育て真っ最中でもシンプルに快適に暮らすミニマリスト主婦のブログです。

カテゴリ: 幸せになる方法

62F95C7D-27A6-43DF-B203-C2A5B5235F1A

昨年末に、こんな記事を書きました▼



言霊ってあるんですよね。

「平和だね。」
「幸せだね。」
「楽しいね。」


そう感じていても、口に出す人って
なかなかいないんじゃないかと思います。

毎日、言葉にする。
口に出すのを習慣にする。

もちろん今「幸せ」を感じていなくても。

そうすることで耳から脳にインプットして
潜在意識に働きかける
んです。


私は実際に言葉にし始めてから
毎日本当に平和で、揉め事や悩み事もなく
「幸せ」を実感しています。

宝くじに当たるとか
飛び抜けてラッキーなことは何も無いけれど…

少し不安に思ったり心配していたことが
何事もなくアッサリ終わったり、

色々なことがうまくいっている感覚があります。


いきなり言い出すと、周りに「どうしたの?」
なんて驚かれるかもしれませんが(笑)

今は世界が大変な時なので…
1人1人が幸せを感じられるように、
是非試してみてくださいね♪


*こなつ*

AF66D32E-2337-464D-B32F-E7C4C7F63A23

自分で言うのもアレなんですが、
結構今まで波乱万丈な人生を歩んできまして(笑)

特に10代後半〜20代前半の
普通は1番楽しいはずの時期が
とても大変な毎日だったんですよね。

それが30代となった今では、
その頃には想像すらできなかった
大きな幸せを手に入れています。

その頃の自分と今の自分の違いは何なのか?
私なりにまとめてみました。


決定的な違い。


不幸だった頃の自分と今の幸せな自分。
何が違うかというと、答えは明確。


家がキレイになった。


このブログでも何度も言ってきましたが
本当に、この一言に尽きるんです。

お恥ずかしい話なのですが…
幼い頃から物を溜め込みがちな母に育てられ、
実家もとてもキレイな環境とは言えませんでした。

20代前半で実家を出た私は仕事の忙しさを
言い訳に掃除をほとんどせず、深夜帰宅→
早朝出勤で寝に帰っているだけだったので
部屋は風通しも悪く、どんどんゴミの山に。

ただでさえ忙しい日々なのに
トラブルや災難ばかり起きて疲れ果て、
更に片付けや掃除どころではなくなって
また更に悪いことが起きて…という悪循環。
何もかもがうまくいきませんでした。


不幸→幸せの転機。


そんな私の転機は間違いなく、夫との結婚。
名字が変わると同時に生まれ変わりました(笑)

とにかく物を捨てまくったのです。
持ち物のほとんどを処分しました。
いきなり物を捨てられるようになった理由は

・退職して時間ができたこと。
・こんな荷物を夫には見せられないと思ったこと。
・引越しを考えるとゾッとしたこと。


そして新築で家を建てて、
それからは こまめに掃除をするように。

62B7F036-FEF7-4730-94B3-E345D4DEB61A

その後、2人の子どもに恵まれて
夫の両親との同居もストレスなく順調。
今ではありがたいことに
のんびり在宅の仕事をする日々です。


おわりに。


不幸も幸せも基準は人それぞれですが、
私は部屋の環境はとても大切だと実感しています。

「ツイてないな、調子悪いな」と思う方は
部屋の片付け・掃除をしてみると良いかもしれません。

私もこれからも掃除を怠らずに
この幸せをキープしていきたいです。

*こなつ*



最近、なるべく口に出して
言うようにしている言葉があります。


「あぁ幸せ。」

「平和だね〜」



家族4人揃って、
美味しいものを食べている時や、
寝る前にゴロゴロしてる時。

私自身が波乱万丈な経験をしてきたからこそ
こんなに有り難い幸せは無いんですよね。

4EADC696-951E-4ABB-B8C9-E6B44B8FAC01

何気ない平和な日常。

特別ラッキーなことが起こる訳でもないし、
特別な贅沢をしている訳でもないけれど、

ただ「健康に生きている」ことが幸せ。

大きく頭を悩ませる事柄がないって、
これ以上の幸福はないと思っています。

そしてそれを口に出すようになって、
さらに幸せを強く実感できるようになりました。


自分の口から出た言葉は、
脳がインプットすると言われています。

潜在意識に影響を与えることによって
「幸せ」と言えば幸せになり、
「不幸だ」と言えば不幸になる。

いわゆる引き寄せの法則ですね。

私も難しいことは分からないし、
「胡散臭い」と思われる方も多いでしょう。

でも、当たり前として見過ごしがちな
小さな幸せを見つけられるようになって、
毎日の幸福感は確実にあがっています。

息子も最近「幸せだね♡」と言うように
なってきたので、これからも家族でこの
幸せを噛み締めていけたらいいなと思います。