私は元汚部屋出身なのですが、
部屋がぐちゃぐちゃだった頃は
家が休まる場所ではなかったんですね。

仕事も忙しかったし
夜帰宅して朝早く出るので、
束の間の 体を休める時間に
何とか癒される・落ち着く部屋にしたくて

休みの日はとにかく買い物三昧(^^;)

洋服や靴、バッグはもちろん
他にもルームフレグランスとか
ふわふわのクッションとか
おしゃれなラックとか…

素敵なものに囲まれれば癒やされると思って
あれもこれも買いまくっていました。

しかし…、足しても足しても
なかなか居心地の良い部屋にならない。


それどころか足の踏み場がだんだんと
なくなってきて、窮屈さを感じる始末。

タイムマシンで過去に戻れるなら
あの頃の私に教えてあげたいですね(笑)

何もない部屋はこんなに癒やされるんだよと。


9D7BD908-39FE-4868-98ED-E04AD034E914


視界からの余計な情報がなくて
頭の中がクリアになる感覚。

風通しが良くて衛生的な空間。

そして必要なものがすぐ手に取れて
無駄な探し物をしない生活。



いい香りのフレグランスや
ふわふわのクッションも
確かに癒しをもたらしてくれるものですが、

それよりもまずは、足すより引いてみる。

部屋から不要なものがなくなっていくと
それに比例して、癒やされる空間になっていく
と思うので、ぜひ見直してみてくださいね。